Label of the month

  • Label of the month tells the stories of our favourite record labels.

2019

  • 20 Dec 2019

    30年前にシェフィールドのあるレコードショップの階上で産声を上げたこのアイコニックなレーベルは、今なおエレクトロニックミュージックを進化させ続けている。Warp Records 30年の歩みをさまざまな関係者の証言から紐解いていこう。
    Resident Advisor
  • 20 Sep 2019

    Grant Wilson-ClaridgeとRichard D. Jamesによる先駆的レーベルの深層をOli Warwickが探る。
  • 11 Jul 2019

    エレクトロニック・ミュージック界において一際異彩を放つディスコグラフィを抱える、フィンランド発レーベルのストーリーを振り返る。
  • 22 Jan 2019

    創立25周年を迎えた、愛され続けるテクノ・レーベルのルーツと哲学を探る。

2018

  • 25 Sep 2018

    オブスキュアな音楽に捧げてきた、日本の“目立たない”レーベルの20年。
  • 31 Aug 2018

    Waajeed、Specter、Lakuti、Gerd Jansonら多くのアーティストが、Theo Parrishの先駆的レーベルの20年を振り返る。
  • 28 Jun 2018

    Ray Philpがイギリスの南海岸に赴き、現在台頭中のエクスペリメンタルアーティストを擁する重要レーベルの主宰者Lara Rix-Martinに会った。
  • 29 May 2018

    ポーランドのレーベル/パーティーは、意識的にダンスミュージックのコンフォートゾーンを超えようとしている。Elissa Stolmanが、キュレーターであるRRRKRTAに話を聞いた。
    Resident Advisor
  • 27 Apr 2018

    自らのカタログをDJセットのように編成しようとする、完璧にキュレーションされたフランスのレーベルを、Oli Warwickが描き出す。
  • 30 Mar 2018

    我々は、Will Bankheadが主宰する、ノイズ、テクノ、ハウス、レゲエ、ドローンなどを規格外な程にまでキュレーションしたレーベルの10周年を記念し祝杯を挙げる。
  • 30 Jan 2018

    ハウスミュージックが目指す最も大切な目標である「ダンスフロアを踊らせる」ことに鋭く切り込んでいるオランダのコレクティブに、Matt Unicombが迫る。

2017

  • 5 Dec 2017

    サンフランシスコを拠点とするこのレーベルは、80年代から現在に至るまで受け継がれてきた秘教的ダンスミュージックの宝庫だ。Matt McDermottがオーナーのJosh Cheonと語った。
  • 9 Nov 2017

    今やオーストラリアのダンス系主要レーベルとして知られるようになったButter Sessionsを設立した、メルボルン郊外出身の若き新星2人にAndy Webbが出会った。
  • 14 Sep 2017

    Izabel Caligioreは自身のラジオショーやミックスシリーズ、そしてレコードレーベルを通し、真夜中のリスニングにぴったりの音世界を創り出してきた。
  • 18 Aug 2017

    電子音楽の中で最も刺激的なニューシーンの最前線に位置するレーベルを、Andrew Ryceが徹底解説する。
  • 14 Jul 2017

    シェフィールドを拠点とするこのレーベルは、一度もこの街に足を踏み入れたことのないアーティストを擁してもなお、街が誇る音楽的遺産を生きたものとすべく奮闘中だ。Andrew Ryceが語る。
  • 14 Jun 2017

    Mannequin RecordsのAlessandro Adriani曰く「音楽に古いも新しいもない、あるのは”今の音楽”だけだ」。Holly Dickerがその言葉の意味を解説する。
  • 17 May 2017

    フランクフルト周辺で密かに生まれつつある奇妙なサウンド。多様性と深みを両立させたスタイルでダンスフロアへ変化をもたらす新たなプロデューサーたちにMark Smithが迫る。
  • 12 Apr 2017

    自主プレス系シンセファンクの愛好家から人気レーベル/メールオーダービジネスのオーナーへ。辺境ソウルミュージックのスペシャリストAndrew Morganを追ってMatt McDermottがワシントンDCのPeoples Potential Unlimitedに潜入。
  • 27 Feb 2017

    メキシコ・シティの喧騒と、ハードコア・サウンドに影響を受け、現在クラブミュージック界において指折りに大胆で独創的な音楽を輩出するレーベルに、Andrew Ryceが迫る。
  • 31 Jan 2017

    パーティーの”中間地点”に映える巧妙なトラックをタイトルなしの12インチで発表しながら、過去10年間でカルト的人気を獲得したWorkshop。この独レーベルを手掛ける主要人物のふたり、LowtecとEven TuellをWill Lynchが訪ねた。

2016

  • 30 Nov 2016

    Nina Kravizによる個性派レーベルтрипの奇抜な世界をAngus Finlaysonが紐解く。
  • 31 Oct 2016

    自国の才能にフォーカスして独自で特異な個性を生み出すVlek。ベルギー発の同レーベルの設立者たちに会うため、Augun FinlaysonがDour Festivalへ向かった。
  • 29 Sep 2016

    ダンスホール、ガラージ、グライムをカラフルに解釈したサウンドで特徴的なSwing Ting。マンチェスター発のパーティー/レーベルの歩みをAngus Finlaysonがまとめた。
  • 29 Aug 2016

    クラシックなクラブ・サウンドにヒプノティックなひねりを加えている日本発のレーベル、Cabaret Recordings。ヨーロッパで注目を集めるレーベル主宰者の2人、DJ MasdaとSo InagawaにMatt Unicombが貴重なインタビューを試みた。
  • 28 Jul 2016

    メジャーレーベル垂涎のアーティスト陣とセンスを兼ね備えたグラスゴー発の刺激的な集団LuckyMe。ビッグになり過ぎることなく成長するという贅沢な課題に直面する彼らの台頭をRay Philpが追った。
  • 28 Jun 2016

    Italがニューヨークを拠点に運営するLovers Rockは、どのようにして独特な新世代アメリカ人アーティストたちを象徴するレーベルになったのか? Will Lynchが説明する。
  • 31 May 2016

    オランダから未知のダンスミュージックを発信し続けるShipwrec。レーベルを支えるスタッフたちをHolly Dickerが訪ねた。
  • 29 Apr 2016

    灼け付くようなゲットーハウスからローファイなメンフィス・ラップまで、常にロウで生々しく予測不可能な音楽を提供してきたLA Club Resource。本拠地LAでMatt McDermottがレーベルのキーパーソンたちに話を訊いた。
  • 30 Mar 2016

    DJ Hausが手掛ける気ままなレーベルUnknown To The Unknown。人気沸騰の理由をAndrew Ryceが解き明かす。
  • 27 Feb 2016

    ウィスキー、メランコリー、そして適当さを原動力にしているスコットランドの異端レーベルに、Matt Mcdermottが迫る。
  • 31 Jan 2016

    太平洋岸北西部のテクノを再燃させる異端レーベルをAndrew Ryceが紹介する。

2015

  • 6 Dec 2015

    デトロイトシーン存続のために闘い続けて20年。超常現象にインスパイアされたレーベルの歩みをWill Lynchが尋ねる。
  • 25 Nov 2015

    「何でもあり」をポリシーに掲げ、斬新なクラブサウンドを生み出す最重要レーベルとなったCrazylegs。Angus Finlaysonがレーベルスタッフの本拠地を訪ねた。
  • 30 Oct 2015

    クラブ・ミュージックを通じてラテン・アメリカンのアイデンティティを模索している先進的なコレクティヴに会いに、Max Pearlがメキシコに足を運んだ。
  • 30 Sep 2015

    近年、トップクラスのヒプノティックテクノを手掛け、Abdulla Rashimが率いるストックホルムのコレクティブ。そのサウンドのルーツにMatt Unicombが迫る。
  • 25 Aug 2015

    パリ屈指のレーベルを運営するだけでなく、HeartbeatとFrancois Xらは同市のテクノ・シーンの繁栄に献身する。このアーティスト集団の秘密にHolly Dickerが迫る。
  • 31 Jul 2015

    80年代ジャパニーズポップの再構築に加え、VisionistやRabitらのグライムをリリースし、一貫して興味をかき立てられるサウンドを発表し続ける東京のレーベルDiskotopia。レーベルが散りばめてきた、一見、異なり合う点と点をRyan Keelingが結び付ける。
  • 30 Jun 2015

    デトロイトのテクノ・シーンの興隆の直前に一旦身を引くも、その後、同市のベスト・レーベルのひとつを立ち上げたMike Grantに、Jordan Rothleinが迫る。
  • 29 May 2015

    Dialに対する私たちのイメージはどうやら間違っていたようだ。設立15周年を迎えた人気レーベルの真の姿にWill Lynchが迫る。
  • 29 Apr 2015

    ヒプノティック、簡素、そして果てしなく独創的。SWとSVNが運営するレーベルがカルト的人気を集めている。Will Lynchがこのミステリアスな集団に迫った。
  • 27 Mar 2015

    ダブステップの終焉を生き延び、今やイギリスで最も精力的なダンスミュージックレーベルとなったKeysound。その道程にAndrew Ryceが迫る。
  • 27 Feb 2015

    アメリカ屈指のアンビエント/ドローン/エクスペリメンタル・ミュージック・レーベルに、Angus Finlaysonが迫る。
  • 31 Jan 2015

    クオリティの高いテクノ作品を送り続けるイタリア拠点の注目レーベルに、Matt Unicombが迫る。

2014

  • 6 Dec 2014

    エレクトロニック・ミュージック界で最も予測不可能でエキサイティングな新興レーベルの運営。バンクーバーのRichard MacFarlaneにAndrew Ryceが訊く。
  • 27 Nov 2014

    イカれたテクノ/エレクトロ・レーベルに潜む紆余曲折の物語。Angus Finlaysonが訊く。
  • 29 Oct 2014

    質素にスタートしたシドニーのFuture Classicは今ではオーストラリアで最も重要なインディペンデント・レーベルとなっている。その歴史をMatt Unicombが紐解く。
  • 26 Sep 2014

    このワイマール拠点のレーベルは、誰も上手く言い表すことのできない感覚を元に活動している。Will Lynchがその実態に迫った。
  • 26 Aug 2014

    ミュンヘン拠点のレーベル、レコードショップ、グラフィックデザイン・スタジオ、そしてケータリング会社であるPublic Possesionは、ここ最近で目覚ましい発展を遂げている。Oli Warwickが、そのCEO達に話を聞いた。
  • 31 Jul 2014

    DarioとMarcoのZenker兄弟によるレーベルは、じっくりとテクノのベスト・レーベルの1つへと成長した。Matt Unicombがその歴史を紐解く。
  • 27 Jun 2014

    このベルリン発のレーベルは、風変わりで挑戦的なエレクトロニックサウンドを発信している。彼らが人々を魅力し続けている理由に、Will Lynchが迫る。
  • 21 May 2014

    Acid ArabからZombie Zombieまで、Versatile Recordsにまつわる話をAaron Coultateがまとめた。
  • 28 Apr 2014

    今年、10周年という節目を迎えているHyperdubを陰で支えている人物たちを訪ね、UK屈指の先進的なレーベルの魅力にAngus Finlaysonが迫る。
  • 28 Mar 2014

    Leif KnowlesとJoe Ellisは、「他のレーベルが出そうとしないものを自分たちでリリースする」という発想で、唯一無二のレーベルを作り出した。
  • 28 Feb 2014

    フランスの首都で何かが起きている——「パリ・クラブ・ミュージック」というシンプルなフレーズで語られるようになったサウンドを創出するClekClekBoomを主宰する3人に、Andrew Ryceが迫る。
  • 28 Jan 2014

    ニューヨーク屈指のエクスペリメンタル・ダンスミュージック・レーベルを支える存在、Matt WerthにAaron Coultateが迫る。

2013

  • 8 Dec 2013

    ブルックリン発の新レーベルFifth Wall Recordsの謙虚な目標—それはアメリカとヨーロッパでのテクノにおけるギャップを埋めることだ。Matt Unicombがこのレーベルに迫った。
  • 29 Nov 2013

    今年最も話題になったニューレーベルのひとつにRAのAaron Coultateが迫る。
  • 31 Oct 2013

    シーンの熱烈なキュレーターと世界有数のクラブがどのようにして今年のベストニューレーベルを誕生させたのか。Ryan Keelingが迫る。
  • 30 Sep 2013

    パーティーからスタートし、現在は様々な業務を手掛けるブリストルのレーベルFutureboogie。オーナー2人にRyan Keelingが迫る。
  • 29 Aug 2013

    この小規模で謎めいたレーベルには、これまでプランというものは持たなかったという。しかし、Will Lynchの取材からは、その事実こそがこのレーベルの存在を際立たせていることが見えてくる。
  • 30 Jul 2013

    起伏に富んだトスカーナ地方にベースを構えるBosconi Recordsは過去5年間、イタリア産ハウスミュージックの旗手として活動してきた。現在レーベル史上最大のプロジェクトへ向けた準備を進めている彼らを、RAのOli Warwickが訪ねた。
  • 2 Jul 2013

    「For the freaks, by the freaks」を掲げるCrème OrganizationにRAのAaron Coultateが迫る。
  • 31 May 2013

    細々と入り組んだパリ11区を拠点に活動する新進フレンチレーベルにRAのAaron Coultateが迫る。
  • 2 Apr 2013

    アムステルダムで現在最も忙しいレーベル/プロモーターであるDekmantelはそのマイペースぶりも抜きんでている。RAのWill Lynchがその魅力に迫る。
  • 1 Mar 2013

    ブルックリンに拠点を構え、現在最も幅広いアーティストを抱えるレーベルのひとつと言われるUNOにRAのJordan Rothleinが迫る。
  • 31 Jan 2013

    RAのAndrew Ryceがエレクトロニックミュージックのアンダーグラウンドシーンで話題となっている素朴なカセットレーベルを運営するStephen Bishopに迫る。

2012

2011

  • 6 Dec 2011

    ある程度存続し続けてきたレーベルがその本領を発揮しようとする時、一体そこには何が起きているのだろうか?RAのRyan KeelingがAli Percと話し、その謎に迫る。
    Resident Advisor
  • 4 Nov 2011

    Modeselektorが率いる新世代雑食レーベルの全貌をそのアーティストたちに訊いた
    Resident Advisor
  • 7 Oct 2011

    スウェーデンの最南端に位置するハウス/テクノレーベルについてRAのChristine Kakaireがレポートする。
    Resident Advisor
  • 9 Sep 2011

    罪悪、嫉妬、報復 —— エレクトロニック・ミュージック界でも最もダークなレーベルの核心にあるものとは
    Resident Advisor
  • 3 Aug 2011

    低予算で最高な仕上がり、中規模な展開をセオリーに持つロサンゼルのレーベルに密着。
    Resident Advisor
  • 7 Jul 2011

    ベルリン、ロンドンで影響力のあるDJたちの注目の的になっている、ロー&アナログハウス・デュオにRAが迫る。
    Resident Advisor
  • 3 Jun 2011

    今月のレーベル特集はドレスデン発、ニューハウスサウンド (テクノ、アシッドそしてダウンテンポなど盛り沢山)
    Resident Advisor
  • 28 Mar 2011

    UK発、全体を包み込む至福のハンドクラフトワーク
    Resident Advisor
  • 4 Jan 2011

    レーベルが散乱するベルリンにおいて、3人の友人同士で成り立つこのテクノ開拓部隊は、堅実にリリースを続けているレーベルのひとつとして得に際立った存在だ。
    Resident Advisor