ソウルのテクノクラブvurt.の救済コンピレーションにPeter Van Hoesen、Cio D'Or、Enaら参加

  • Published
    Mon, 6 Jul 2020, 08:30
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • 全28曲収録の『in_vurt』がCassegrain主宰レーベルから発売中。売り上げは全額ヴェニューに寄付される。
  • ソウルのテクノクラブvurt.の救済コンピレーションにPeter Van Hoesen、Cio D'Or、Enaら参加 image
  • ソウルのクラブvurt.の支援を目的としたデジタルコンピレーション『in_vurt』がリリースされた。 本作は、先週金曜日に実施されたBandcampの手数料免除デーに合わせ、ベルリン拠点のデュオCassegrainが主宰するレーベルArcing Seasから登場した。“Ancient Future(太古と未来)”をスローガンに掲げ2014年にオープンしたvurt.は、ソウルのテクノシーンにおける重要クラブの1つだ。同クラブのFacebookページへの投稿によると、アンダーグラウンドな小箱のオーナーは政府からのCOVID-19関連の財政支援を受けられておらず、ソウルのナイトライフは危機に瀕しているとのこと。そこでArcing SeasとUKのレーベルAstral Industriesがタッグを組み、vurt.を救済するためのコンピレーションを企画した。 本作はPeter Van HoesenCio D'OrTakaaki ItohClaudio PRCAnswer Code RequestEnaIoriといった、同クラブがこれまでに韓国に招聘してきた国外アーティストや、UnjinXanexxらローカルプロデューサーによる計28曲を収録。売り上げは全額vurt.へと寄付される。 パンデミックの中、韓国では4月下旬に世界に先駆けてクラブの営業が再開されたが、その直後にソウル市内のクラブで新たなクラスターが発生し、再び営業禁止令が発せられた。しかし6月下旬より、vurt.を含む複数のヴェニューがQRコードによる身元確認や人数制限、その他の衛生対策を徹底した上でバー営業を始めている。 コンピレーションのマスタリングも担当したInlandによるトラック“Mapo-Gu”は以下で視聴可能。(麻浦(マポ)区はvurt.が位置するホンデのある、ソウル西部の繁華街だ。)
    Tracklist 1. Answer Code Request - No Comply 180 2. Artefakt - Solstice 3. Blazej Malinowski - Continuum 4. BNJMN - Overstated 5. Cio D’Or - Permanent Key 6. Claudio PRC - Daenamu 7. Desroi - False Front 8. Emily Jeanne - Hàn Ly 9. Ena - Water Vapor 10. Evigt Mörker - Smardis 11. Fred Mann - Dunce 12. Hakan Çepni - Allocer 13. Inland - Mapo-Gu 14. IORI - Nocturnal 15. Jamaica Suk - Oceanscape 16. Einox - Klein 17. Luigi Tozzi - Dry Your Eye 18. Magna Pia - KKumvurt 19. Marco Shuttle - Nephertiti 20. Peter Van Hoesen - Further Movements Into Unknown Territories 21. Positive Centre - OmniVurt (Told You Twice) 22. Refracted - Chingu 23. Rhyw - Veering 24. Scøpe - Breath 25. Takaaki Itoh - Facilitator 26. Unjin - 6AM and Eternal 27. Xanexx - Hyper Sensitive 28. Yóhan - Your Meditation 『in_vurt』は、現在Arcing Seasより発売中。