Kraftwerkの共同創設者Florian Schneiderが73歳で死去

  • Published
    Thu, 7 May 2020, 02:30
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • ジャーマン・エレクトロのパイオニアは、先月「73歳の誕生日を迎えた数日後、短期間の癌との闘病後」亡くなったとRalf Hütterが明かした。
  • Kraftwerkの共同創設者Florian Schneiderが73歳で死去 image
  • Kraftwerkの共同創設者Florian Schneiderが亡くなっていたことが明らかとなった。 Schneiderと共にKraftwerkを創設したRalf Hütterのステートメントによると、Schneiderは4月7日に「73歳の誕生日を迎えた数日後、短間間の癌との闘病の末死去した」という。 訃報の噂は、5月6日にイギリス人ミュージシャンMark Reederが追悼コメントを投稿した後(投稿は既に削除されている)、ソーシャルメディア上で広まり始めた。Reederの投稿の数時間後、Billboardが訃報は事実だと報じた。 SchneiderとRalf Hütterは、1970年に電子音楽の先駆的プロジェクトKraftwerkを立ち上げた。 David Bowieは、自身の重要アルバム『Heroes』の収録曲である“V-2 Schneider”のタイトルを、Schneiderに因んで名付けている。Schneiderは2009年にKraftwerkを脱退したが、その後もHütterはHenning Schmitz、Fritz Hilpert、Falk Grieffenhagenと共にツアー活動を続けた。2020年にはバンド結成50周年を記念した3Dライヴツアーが予定されていたが、新型コロナウイルスのパンデミックによってツアーは中止となった。 RAによるKraftwerk入門プレイリストをチェック。