Rainbow Disco Club 2020の全出演アーティストが出揃う

  • Published
    Wed, 5 Feb 2020, 09:00
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • 11年目を迎える人気野外フェスティバルに、Moodymann、Daniel Avery、Moxie、Special Requestら計18組がラインナップ。
  • Rainbow Disco Club 2020の全出演アーティストが出揃う image
  • Rainbow Disco Clubが、2020年のフルラインナップを発表した。 オーガナイザーは1月下旬からInstagram上で出演者を小出しで発表し始め、本日全18組が出揃った。例年、レギュラー勢や再登場組が大部分を占めるラインナップだったが、11年目となる今年はRDCデビューのアクトが多数出演する。 まずはヘッドライナーとして、Moodymannが2014年の晴海開催以来2度目のRDC出演を果たす。そして既にお伝えしているMotor City Drum Ensembleをはじめ、Daniel AveryrRoxymoreGe-ologyRed Greg(2人はバックトゥバックセットをプレイ)が初登場。毎年恒例のDJ Nobuのバックトゥバックのパートナーには、こちらもRDC初出演となるBatuが選ばれた。MoxieEsaは今回が初来日。そして常連であるAntalHuneeKenji Takimi、レジデントのSisiKikiorixが、今年もRDCのブースに立つ。 一方、“世界一楽しい体育館”をコンセプトに掲げたRed Bullによるインドアステージは、全組がRDC初出演。初日はPaul WoolfordによるプロジェクトSpecial RequestmachìnaLicaxxxの3組、そしてCYKクルーがキュレーションする第二夜は彼ら自身のほか、Anthony NaplesChaos In The CBDがプレイする。 例年ゴールデンウィークに静岡県の東伊豆クロスカントリーコースで開催されてきたRainbow Disco Clubだが、今年の日程は約2週間前倒しの4月17日(金)から19日(土)となっている。この変更についてオーガナイザーは、「連休の喧騒から逃れ、よりリラックスした環境作りを目指し」たと説明している。フェスティバルの前売りチケットは、現在RAにて販売中。 以下はRainbow Disco Club 2019でのセットの一部。