DJ Derekの死亡が確定

  • Share
  • ブリストルの森林で発見された遺体が、DNA鑑定によりDerek Serpell-Morrisのものであると判明。
  • DJ Derekの死亡が確定 image
  • “UKの最年長DJ”として知られる、DJ Derek(73)の死亡が確定した。 地元当局は先週、ブリストル郊外の森林地帯で発見された男性の遺体について、昨年から行方不明となっていたブリストル出身のDJ DerekことDerek Serpell-Morrisであると見て捜査を進めていた。The Guardianによると、その後警察がDNA鑑定を行なった結果、遺体がSerpell-Morrisのものであると断定したとのことだ。 DJ Derekは2013年に引退するまで、UK各地でレゲエ、スカ、ソウル、ブルースなどのレコードをプレイしていた。4月末には、1978年以来彼がホームと呼んでいたブリストルのセント・ポールズ地域にて、彼の追悼パーティーが開催される予定だ。「もちろん音楽ありの、楽しい会になればと思います。Derekの人生と、彼が彼の街に与えた影響を讃えましょう」と、Derekの実兄であるGerald Serpell-Morrisが地元新聞紙のBristol Postにコメントしている。 Derekの追悼として、英BBCは彼の人生とキャリアに迫った1994年放送のドキュメンタリー映像を公開した。映像はこちらからチェック。