Kyokaが新作EP「SH」を発表

  • Published
    Wed, 3 Feb 2016, 04:18
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • 2曲を追加収録した日本国内盤CDが2月にリリース。
  • Kyokaが新作EP「SH」を発表 image
  • Kyokaの新作EP「SH」が日本限定でCD化され、2月25日に発売される。 ドイツの名門電子音楽レーベルRaster-Notonにおける、初の女性ソロアーティストとして知られるKyoka。2014年には同レーベルより初のフルアルバム『IS』を発表し、各方面で高い評価を得た。彼女は現在、ベルリンと東京の2都市を拠点としながら世界各地でライブパフォーマンスをこなしており、3月にはRAのTop 10 Festivalsにもランクインした、スイスのElectronへの出演を控えている。そんなKyokaが、最新12インチ「SH」を完成させた。プレスリリースによると、「踊れる実験音楽〜ミニマル・ダブ編」な今作には、「2008年から時々録りためていた、ライブのサウンドチェックやパフォーマンス中に編集・録音した音源を分解・再構築し、非常にユニークな音の響きを纏わせたトラックが収録されている」とのこと。また、制作時に滞在したスウェーデン国営の電子音楽スタジオEMSのモジュラーシンセサイザーのパワフルなサウンドもミックスしているほか、本作では彼女の特徴的な声のサンプルを封印し、よりストイックに音の響きの多様性を追求している。12インチの発売日は現時点では明らかとなっていないが、来月p*dis / Inpartmaint Inc.からリリースされる日本盤CDには、レコードよりも2曲多い全6曲が収録される。 尚、Kyokaは明日2月4日から来週末にかけて、レーベルメイトであるUeno Masaaki、Grischa Lichtenbergerと共に、自身キュレートのイベントシリーズFFF-First Floor Festival-を日韓7ヶ所で開催する。東京公演の前売りチケットはRAで販売中。 2014年にRAが掲載したKyokaの特集インタビューはこちらからチェック。 Tracklist 1. Susurrus 2. Smash Hush 3. Hovering 4. Shush 5. Soliloquy 6. Somniloquy 「SH」日本国内盤CDは、p*dis / Inpartmaint Inc.より2016年2月25日の発売。
Are you a promoter?Submit event

© 2021 Resident Advisor Ltd. All rights reserved.