DJ Qu - Raw 7

  • Share
  • Underground Qualityを離れ、自らのレーベルを設立してから数年(中には海外に拠点を移した者もいる)、かつてニューヨークのハウス・ルネッサンス(英語サイト)と称されたグループは今も絶好調だ。トライステートの地元仲間Levon VincentとJoey Andersonと同様、DJ Quも謎めいていながら表現力豊かなサウンドにさらに磨きをかけ、時間の経過と共にますます素晴らしく成長しているようだ。ここ数年の間にリリースした数枚の12インチは今聞いても新鮮だが、彼のレーベルStrength Music Recordingsから発表される最新作「Raw 7」もその勢いが弱まる気配を一向に感じさせない新たな傑作EPとなっている。 今回の制作スタイルは従来のQuだ。つまりダークでメロディアス、そしてパンチがあって澱んでいる。"Untitled (Hi-Life)"では鮮烈なハンド・パーカッションと驚くほど勢いのあるシンセが用いられている。まるでOmar-Sの"Here's Your Trance, How Dance!!"をもっと抑えつけたようなバージョンだ。"Soma"はもっとダークかつダビーなトラックで、そこへ凍てつくキーボードのメロディと靄の中を漂う声が伴っている。"Raw 7"は猥雑なシンセと鋭いクラップを使った少し詰め込んだテクノ・トラックだが、それほどカリスマ性は感じられない。しかし、他の2曲を聞いていれば既に大満足だろう。
  • Tracklist
      A1 Untitled (Hi-Life) B1 Soma B2 Raw 7