Rødhåd - Haumea

  • Share
  • Rødhådがテクノ界のランキングの上位へと登りつめているが、この点は彼が特化しているのが「微細さ」であることを考えれば、さらに印象深くなる。地元ベルリンのクラバー数十人を相手に月曜日の朝にプレイしていたDJから、メジャーなフェスティバルの目玉へと生まれ変わってきた彼だが、そのサウンドは引き続きしなやかなミニマリズムにしっかりと留まっている。それは彼の作品を聞けば明らかだ。彼の5枚目となる12インチ「Haumea」がTokenに到着した。Tokenもまた同様にハイファイなサウンドを扱っているが、このレーベル以上にRødhådのスタイルに相応しい場所はなかなか思いつかない。それゆえ本作はTokenのカタログにおける新たな良作となっている。 とは言ったものの「Haumea」によってRødhådが新たなファンを獲得することはないだろう。3つのバージョンからなる"Haumea"がフィーチャーされており、トラックはどれも極限までループ処理されたダンス・フロア仕様のモダン・テクノだ。Rødhåd本人が手掛けた2バージョンのうち"Dirt Mix"は最もプレイされるトラックとなるだろう。Rødhåd史上最もファンキーなベースラインが歯切れのいいハイハットといつも通りのきらびやかなブリープ音に組み合わされている。Aサイドは若干抑制され直線的な仕上がりだ。ローエンドにはそれほどフォーカスしておらず、よりシンプルな展開となっている。Tokenの中核的存在であるØ Phaseが担当したリミックスでは、キック・ドラムが増強された他、連続して鳴らされる不気味なパッドが追加されている。
  • Tracklist
      A1 Haumea B1 Haumea (Ø Phase Satellite Mix) B2 Haumea (Dirt Mix)