Surgeon - Fixed Action Pattern

  • Share
  • この頃Surgeonのファンにとって良い日が続いている。熟練UKプロデューサーである彼は最近全6作に渡る再発シリーズの発表を始めたが、新作リリースとして「Fixed Action Pattern」が届けられた。3年以上ぶりとなるソロ作だ。ベルリンを拠点とするシーンきっての勢力レーベルTokenからデビューとなるこの2曲入りのEPは、リリース予定となっているコンピレーション『Aphelion』からの第1弾先行シングルだ。 "Fixed Action Pattern"のオリジナル・バージョンはミッドテンポで進む巨漢トラックで切迫したライブ感を伴った響きを持っている。一瞬の無音を挟んで展開によってレトロな感覚が生まれている他、ラフに仕上げた4つ打ちのリズムはトラックにガッツを付け、トゲトゲしく歪んだシンセはエンドレスな緊張感を提供している。"Dub"バージョンでの抑制感は打って変わってディープかつモダン、そして瞑想的ですらある。テクノとダブステップの境界をぼやけさせながら、低く振りつけられるスムーズなリズムが散りばめられ、意識をくすぐってくるディテールが詰め込まれていく中、彼方へと広がっていく悲しげなサウンドとリバーブによる濃霧がコンスタントに差し込まれている。どこかルードで、どこか少し制御されたこのトラックもまた末長い付き合いとなることだろう。
  • Tracklist
      A1 Fixed Action Pattern B1 Fixed Action Pattern (Dub)