Sebastian Mullaert - Chant De Paris EP

  • Share
  • 盟友Swede Marcusとのプロジェクトとして高い人気を集めているMinilogueを休止したSebastian Mullaertは今回、Ovumからのリリースで、ディープでトリッピーなテクノに没頭している。延べ27分近くに渡る収録された2つのトラックに、魔法のような瞬間を詰め込んでいる。 これまでで最も大人しめの方向性にもかかわらず、"Chant de Paris"はモンスター・トラックだ。その長さは16分に及んでいるが、そこには一切の無駄がない。マイルドに沸き立つアシッドが降り注ぐ中、アラブ楽器のウードや、流し込まれるローズ、柔らかなパーカッションが展開している。Donato Dozzyが卓越した腕を見せている分野であるヒプノティックなムードが、このトラックからも醸し出されている。このアシッドな味わいは、"Recapturing The Radical Self"にも残っているが、その勢いはさらに増しており、バレアリックな至福のクライマックスを迎えると、情景豊かなコードが優しく飛び込んでくる。アンビエント・テクノ、サイケデリック・トランス、そしてSueño Latinoを勾配させた内容にもかかわらず、実に見事な仕上がりだ。
  • Tracklist
      A1 Chant De Paris B1 Recapturing The Radical Self