Ø [Phase] - Remixed

  • Share
  • Ø [Phase]は10年近くレコードを制作しているが、実は、昨年Tokenからリリースした『Frames Of Reference』(英語サイト)が彼にとってのデビュー・アルバムだった。同じく昨年、待望のリリースとなったFunctionの『Incubation』(英語サイト)のように、『Frames Of Reference』も予想不可能な物語を描き出す微細で躍動感のあるテクノ・ツールを集めたものだ。収録された10のトラックのうち5分以下のトラックは1曲だけだったが、アルバムは一貫して強力な魅力を放つものだった。 "Perplexed"は元々シングルとしてリリースされ、アルバム内でも突出したトラックだった"On The Edge"と共に収録されたものだったが、Rødhådによる今回のリミックスはまさにこの格好の例だと言える。スペースを十分に取り、優美なペースで展開するトラックは、強烈なメランコリアを通じてキックと単音によるパターンから絶妙なクラブ・トラックへと構築されていく。Rødhådは核となるリズムの周りを蛇行する悲しげなメロディと控えめなパッドを用いながら、オリジナル・バージョンの着実としたペースを保っており、トラックは精巧に作られたブレイクで最高潮に達する。アルバムでは若干ながら力強さに欠けた印象だったトラック"Dirtro II"は、Robert Hoodのリミックスによって骨組みだけのリズムにまで解体された後、波打つコードが追加され、全体的により緊急性を帯びた雰囲気が生み出されている。
  • Tracklist
      A Perplexed (Rødhåd Extended Mix) B Dirtro II (Robert Hood Redeemed Mix)