Scuba - Phenix 1

  • Share
  • Scuba曰く「Phenix 1」は彼が今年HotflushからリリースするEP3部作の第1弾となるものだが、これは密かにアルバムをリリースしているように思えなくもない。収録された4つのトラックを聞けば、その信憑性はさらに高まることだろう。Scubaのアプローチは非常に幅広く、全体で見るとミニアルバムにも聞こえるからだ。 簡潔に仕上がった"Throb"は躍動する浮遊感のあるイントロからスタートし、フィールド・レコーディングから中国の弦楽器のサンプルへと展開していき、その後トラックは909のハンドクラップの中へと飲み込まれていく。こうしたサウンドの妙は次のトラックでも感じることが出来る。このトラックはScubaがこれまでにやってきた中でも最もタフなものの1つだ。6分30秒に渡って疾走するテクノによるセッションがうなりをあげている。 Bat For Lashesを思わせるメランコリックなブレイクビーツによるダウンテンポ・トラック"Time Relentless Time"は、Scubaの全く別の一面を映し出している。さらにジューシーなブレイクビーツが展開する"Curious Paradox"では、コンガやカウベル、トリッピーなシンセの他に、アマゾンにいるような鳥の鳴き声が用いられている。Scubaっぽくないサウンドだが、本作全体からそこはかとなく感じられるように、そうした点こそキーとなっている。
  • Tracklist
      A1 Throb A2 Cyanide B1 Time Relentless Time B2 Curious Paradox