Agoria - Scala EP

  • Share
  • イビザシーズンの始めに、InnervisionsからリリースされたTen Wall"Gotham"を本誌のレビューではサマーアンセムとして提案している。こうした夏に向けたトラックはInnervisionsにとって今では通例となってきているが、このトラックは序章にしか過ぎなかった。Agoriaによる「Scala EP」に収録されたタイトルトラック"Scala"をDixonがほぼ毎回、自身のセットでプレイした結果、"Gotham"に続くアンセムとなったからだ。Tales Of UsからJackmasterまでありとあらゆるDJがこのトラックをプレイし話題になっていた。 "Gotham"の軽快かつ爽快な雰囲気は夏の始まりにパーフェクトなトラックだったが、"Scala"での感情が深く揺さぶられる空気は、夏の終わりに相応しいトラックだと言える。じっとりとしたサウンドが徐々に高揚していく濃密なパッドシンセに絡まり合う中、無音に近い状態にまで展開が抑えられ、そこへどこからともなくピアノの旋律が差し込まれれる。感情が掻き乱され、急激に引き寄せられるこの展開はダンスフロアにしっかりとした盛り上がりを約束する。こうした大きく話題になったトラックと比較すると、裏面に収録された"Kick The Peace (Part 2)"はどうしても若干、色褪せてしまう。前半のダビーな雰囲気に展開を期待してしまうものの、空からあちこちへと舞い降りてくるようなサウンドと適当な感じのするシンセの展開には赤面してしまいそうになる。
  • Tracklist
      A Agoria – Scala B Agoria & Francesco Tristano – Kick The Peace (Part 2)