Peter Van Hoesen - Receiver 3/3

  • Share
  • Peter Van Hoesenによる2012年のLP『Perceiver』のリミックスを6人のプロデューサーに依頼し、仕上がった作品は合計3枚の「Receiver」シリーズとして数ヶ月前からリリースされている。最初の2つは驚くほどに凡庸な仕上がりで、Donato Dozzyによるビートレスなリミックスは若干マシな方だったものの、Sigha、Ø [Phase] 、そしてSCBとDJフレンドリーなリミックスだったが、興味を掻き立てるようなものではなかった。このシリーズプロジェクトの最後となる本作はMarcel FenglerとNeelによる万能トラックだ。 Fenglerによる"Inspection In Solitude"のリミックスは原曲から深みと繊細さを取り払い、代わりに力強いリフと高速のパーカッションを取り入れている。レイブツールとして適正で、ベルリンシーンにしっかりとハマる内容だ。しかし、通なリスナーたちには、この作品の一番の魅力はおそらく、とても珍しいNeelによるソロワークだろう。イタリア人アーティストであり、マスタリングエンジニア、そしてVoices From The LakeをDozzyと共に手がけている彼のフロア仕様な解釈による"Objects From The Past"では、ざらりとした質感の跳ねるリズムを構築し、一方、終結部として原曲で使われていたおぼろげな音色を巧みに用いている。ひょっとすると今年上旬にGeophoneからリリースされたVFTLによる荒れ狂うトラック"Reptilicus"を思い起こすかもしれないが、全体的にはやや控えめだ。いずれのトラックにせよ、「Receiver」シリーズにおいてベストの作品であることは間違いない。
  • Tracklist
      A Inpection In Solitude (Marcel Fengler Remix) B Objects From The Past (Neel Remix)