Rick Wilhite - Freedom School DJ Series Vol. 1

  • Share
  • ここ最近ではデトロイト・テクノよりもデトロイト・ハウスが注目を集めているが、その大きな理由のひとつとしてRick "The Godson" Wilhiteの存在がある。ソロとして、はたまた3 Chairsのメンバーとして、20年以上もの間デトロイトの地下水脈を流れるダスティでラフエッジなサウンドを具現化し、Kyle HallやL.I.E.S.のアーティストたち、Sex Tags Maniaら新世代最前線にもまったく劣らない健在ぶりを示している。彼の腕はまったく鈍る気配を見せない。東京のFreedom Schoolから届けられたこの「 Freedom School DJ Series Vol.1」もまた、どんな若手プロデューサーたちにも負けないソリッドさとモダンさを醸し出している。 このリリースにはWilhiteのサウンドの3つの側面が明確に提示されている。"Tribute & Respect"は爽やかな夏の夜にぴったりのトラックで、アフリカン・チャントと蟲惑的なベースラインが効いている。"Techno Dust"はまさにタイトル通りというべきか、むっちりとしたキックと詰め込み気味なアレンジメントが全体的にどこかウェットで柔らかな感覚を与えている。リヴァーブとディレイでオブスキュアに仕立てた"Kinky"は霧の中を漂う悪辣なクラブ・トラックだ。EP全体の質素なフィーリングを踏まえると、このレコードがOmar-Sによってマスタリングされているという事実はちょっとした驚きだ。
  • Tracklist
      A Tribute & Respect B1 Techno Dust B2 Kinky