Sandwell District - fabric 69

  • Share
  • 「Sandwell Districtは死んだ」これが、テクノ界随一のユニットのTumblrページのトップに掲げられたメッセージだ。なんともあけすけな不気味さと意味深さが同居したメッセージである。まあ、彼ら自身が「死んだ」と言うのなら、たしかに彼らはやるべきことをやり切って死んだとも受け取れる。比較的若い世代にとって、Sandwell Districtはテクノの絶対神のような存在だろう。その理由は明白だ。彼らの音楽はダークな統一感にもかかわらず、非常に調和性の高いものであった。Functionが持つ滑らかさとRegisとSilent Servantが持つ非凡なダークさが溶け合ったそれは、実にスリークでしかもセクシーですらある。彼ら自身のレーベルを終結させた直後にリリースされるこの『fabric 69』は、おそらくこれがSandwell Districtとしての最後の作品となるであろうという予感を秘めている。このミックスはあたかもこれまで彼らがテクノで成し遂げてきた成果を集大成にしたかのようであり、彼らがテクノ界を制圧し君臨する過程を刻んでいるかのようである。 『fabric 69』はエクスクルーシヴ・トラックやニュー・マテリアルで覆い尽くされた類のミックスではない。というより、このトラックリストは過去数年におけるテクノの最良の部分をまとめあげたかのようである。ミックス全体から徹底した姿勢がにじんでおり、細心の注意を重ねた選曲にFunctionとRegisの共同作業による潔癖なまでのエディットが施されたこのミックスは、かつて90年代にRichie Hawtinがやっていた複雑なキルトのような作品を思い起こさせる。ミックスが幕を開けると、9曲目まではほとんど変化がわからないほど統一されたトーンで駆け抜けていく。Mary Velo "Detune"がミックスされてようやく、分かりやすいコードが鳴らされるのだ。 『fabric 69』にはメジャー・テーマとなる展開が入念に紡ぎ合わさった多くの転換点が用意されているが、この"Detune"はその最初のひとつと言えるだろう。Carl Craig "Darkness"やUntold "Motion The Dance"、"Mark Ernestus Meets BBC"など、こうした転換点となる場面での選曲の巧みさにはとりわけ唸らされる。とはいえ、Sandwellのサウンドの凄みは当然それだけではない。そうした選曲はあくまでもミックスの中の一部分でしかなく、外科縫合手術のようなこのミックス全体に点在する空白を埋めているだけだ。 Sandwell Districtのファンであれば、この『fabric 69』は特別ぶっ飛ばされるような内容ではないはずだ。彼らのファンなら、Sandwell Districtがこうしたアプローチでトラックを繋ぎあわせるところはすでに聴いた事があるはずだ。とはいえ、これほど注意深くミックスし入念に展開が練られた作品はおそらくまだ聴いた事がなかったはずだ。このアルバムのリリースに際してのプレス資料には、Functionによる「ひとつの時代を凝縮し、次の世代に受け渡す」という言葉が記されている。もしこれでSandwell Districtが死を迎えたとしても、この作品は彼らにとっての墓碑銘となるだろう。
  • Tracklist
      01. Silent Servant - A Path Eternal 02. Function - Voiceprint (Loop/Edit) 03. VCMG - Spock (Regis Remix) (Loop/Edit) 04. Boyd Rice / Frank Tovey - Extraction 7 05. Raime - Exist In The Repeat Of Practice 06. Ike Yard - Loss (Regis Version) 07. Vatican Shadow - Church Of All Images (Regis Version) 08. Fiedel - Andreas (Bonus Beats) 09. Cub - CU2 (UST Funk Mix) 10. Mary Velo - Detune 11. JPLS - Basis 12. Rrose - Wedge 13. O - "Syvays" 14. Rrose - Wedge 15. Function - Modifier 16. Carl Craig - Darkness 17. Markus Suckut - Hunt 18. Samuel Kerridge - Waiting For Love Part 1 19. Untold - Motion The Dance 20. Surgeon - As You Breathe Here Now 21. Mark Ernestus - Mark Ernestus Meets BBC 22. Plastikman - Plasticine 23. Trevino - Uptight 24. VCMG - Spock (Regis Remix) 25. Planetary Assault Systems - Flat Tire 26. Factory Floor - 16-2-16-9-20-1-14-9-7 27. James Ruskin - Into A Circle 28. SS/S - Sicario de Dios: Siglo 2 29. Laurent Garnier - At Night 30. Function - Voiceprint (Reprise)