Iori / DJ Nobu - Draw / Untitled

  • Share
  • 2012年に設立されたDJ NobuのレーベルBittaのセカンド・リリース。レーベル主宰のDJ Nobuと、このレーベルからデビュー・アルバム『Nexus』をリリースしたIoriとのスプリット・シングル。待望のヴァイナル・カットだ。 サイドAは、件のIoriの『Nexus』からの"Draw"、そのシングル・エデット・ヴァージョン。彼のヨーロッパでのホームでもあるダーク・テクノの牙城Prologue、その直系とも言えるダーク・ミニマル・テクノ。循環する中音域のシンセ・リフと、頭5センチ上で明滅する電子音が、ヒプノティックで抑制されたグルーヴとともに流れ行く。シンプルなフレーズはいつしかそのヴィジョンを9分間の間に意識を拡大させる。暗闇を遊泳するサイケデリックなディープ・ミニマル。ちなみに、最近、彼は地元沖縄からベルリンへと活動拠点を移し、今後もより広い活動が期待されるアーティストだ。 サイドBは、主宰DJ Nobuによるトラック。そのリズムを4/4のパターンから開した意欲作。循環するベースラインと、それを突き動かす、ポスト・ダブステップ的なワンドロップ・リズムによるヘヴィーなリズム・パターンは、彼のひとつのルーツでもあるダブの影をちらつかせる。リズムに集中していると、あっという間にリズムの上をディープ・スペースが広がっていく。そのコズミックな感覚はデトロイト・テクノのそれとも近い。そのリズム・パターンも含めて、フロアを別世界に一瞬のうちに落とし込んでしまいそうな、そんなトラックだ。 そのプレイのほとんどを、ヴァイナルでオペレートしているDJ Nobuにとって、本作のリリースを持って、レーベルのイメージ通りの本格始動ということではないだろうか。とかく、DJだけが大量にいて、レーベルやトラック・メイカーが、そのシーンの大きさに反比例して少ないと言われる日本のシーンにおいては、ここ最近の重要な旗印のひとつになるであろう。
  • Tracklist
      A. Iori - Draw B. DJ Nobu - Untitled