Ben Klock - Fabric 66

  • Share
  • Ben Klockの新しいfabricミックスはまるで中盤からスタートするような感覚がある。これは、DJたちが口を揃えて「1時間そこらのミックスではDJらしい固有のサウンドやフィーリングは再現不可能だ」と常々語っていることを踏まえると、実に理にかなっている。ともあれ、KlockやMarcel Dettmannはそれぞれ発表したBerghainミックスやポッドキャストなどをはじめとした数々の努力の積み重ねによってリスナーを夢中にさせることに成功してきているのは確かだ。 Klockがプレイするタイプのテクノはもちろんfabricのメイン・ルームにおいてもバッチリはまるのだが、よりフィットしているのは普段彼がプレイする機会の多いroom twoのほうだろう。このふたつのフロアーはサイズ的にはほぼ同じなのだが、room twoへ入るにはドアを通らなければならない。そして、そのドアをひとたび開けて中に入れば、そこには没入すべきサウンドが待ち受けている。このfabric mixでKlockが展開しているのはまさしくそのroom twoでの彼を思わせるプレイであり、それはTruncate "Ratio 1"の奥底深くからシームレスにDJ Bone "Gemini"の奇妙なリフへとビルドアップされるところから始まる。Trevino "Forged"のグライム的リードシンセもまた同様のアイデアに基づいてミックスされているのだが、その肌触りはより親しみやすいものだ。ミックスが始まって6分もすれば、リスナーは完全にロックされている自分に気付くはずだ。 この時点で、Klockのテクノを特徴づけているタイトなバウンス感がさっそく捩じ込まれている。Marcel Dettmannがしばしばストレートなグルーヴを打ち出すのに対して、Klockが好んで打ち出すビーツはハウスを非常に速くしたかのようなそれだ。130BPMオーバーで繰り出されるそのリズムはしかし、K-Hand "Starz"での沸騰するようなアシッド感覚やFloorplan "Chord Principal"の跳ねるキックの隙間に漂う甲高い笑い声などにおいて理にかなうかたちで反映されている。ビッグルーム的なテクノでありながら、親しみやすい軽やかさもしっかりと含まれているのだ。 ちょっとだけ大げさな言い方に聴こえてしまうかもしれないが、Josh Winkのレイヴ・クラシック"Are You There?"のKlock自身によるリミックスや終盤でのメロディアスな展開におけるFloorplanのトラックの絶妙なかけ方などを聴いてぶっ飛ばされないリスナーなど果たしているのだろうか?24トラックが詰め込まれたこの73分はKlock自身にとっても、その熱心なファンにとっても早朝の光が差し込むクラブの時間帯をぎゅっと濃縮したかのような位置づけだろう。しかし、同時にKlockのサウンドに内包された多様な側面がしっかりと網羅された内容になっているのも確かで、次に彼がミックスを発表するまでひたすら聴き込むだけの価値がある1枚だ。
  • Tracklist
      01. Truncate - Ratio 1 02. DJ Bone - Gemini 03. Trevino - Forged 04. Technasia - Final Quadrant (The Cosmic Beats) 05. DVS1 - Spying 06. K-Hand - Starz 07. Octave One - Terraforming (Kraviz / Klock's 66 Interpretation) 08. Wincent Kunth - Another Journey 09. Sagat - Few Mysteries Solved in A Year of Contact 10. Sigg Gonzalez - Penny Pincher (Head High Mix) 11. Floorplan - Chord Principal 12. D-Knox - Mind Calming 13. Burial - Raver (Edit) 14. Marcel Dettmann - Allies 15. Josh Wink - Are You There? (Ben Klock Remix) 16. Truncate - Coaster 17. Planetary Assault Systems - Flat Tire 18. Steve Rachmad - Rotary 19. Staffan Linzatti - In Time 20. Mathew Johnson - Panna Cotta (Edit) 21. Floorplan - Never Grow Old (Edit) 22. Terence Fixmer - When The Sun 23. James Ruskin - Detached 24. Alva Noto - Monophaser 2