RA.736 Powell

  • Published
    13 Jul 2020
  • Filesize
    117 MB
  • Length
    00:50:50
  • “ポリフォニック出力の生命体”からのライヴ・トランスミッション
  • Share
  • Oscar Powellは過去10年間で、挑戦的かつ創造的に狂った音楽によってその名を馳せてきた。 彼に影響を与えたポストパンクやノー・ウェイヴのバンド、特にSuicideのように、彼は遊び心がありつつアヴァンギャルドでもあり、ルールに従うことを常に拒みながら、ちょっとした楽しみを忘れない。この少しクレイジーで奇妙なエネルギーが、“Oh No New York”や“Sylvester Stallone”のようなトラックを予想外のヒット作にしたのだ。彼のレーベルDiagonalは、Yally、Russell Haswell、そしてPowell自身のようなアーティストたちによる大胆な音楽にとっての重要な発信源となっている。 近頃、Powellは自身の作品を進化させる新しい手段を見出している。彼は今年、ベルリン拠点の映像作家Michael Amstad とノルウェー人ヴィジュアル・アーティストMarte Eknæsによる映像と自身の音楽を組み合わせた多領域プロジェクト、a ƒolderをローンチした。彼らはそれを、“ポリフォニック出力の生命体”と愛を込めて呼ぶ。立ち上げからの半年間で、この生命体からはPowellによる2枚のフルレングスと、彼らのウェブサイトで公開されているたくさんのシュールな作品が生まれている。その最新のトランスミッションであるRA.736は予想通り、Powellの音楽のアーカイヴを巡る予測不能のジェットコースターだ。