RA.658 Huerco S

  • Published
    7 Jan 2019
  • Filesize
    217 MB
  • Length
    01:38:50
  • アンビエントの達人による不気味な雰囲気
  • Share
  • Brian Leedsはアンビエントアーティストになるつもりはなかった。そして今も尚、自分がアンビエントアーティストなのかどうか定かではないという。このカンザス出身ニューヨーク在住のDJ/プロデューサーは、Opal TapesやFuture Timesといったレーベルから、ざらついたアトモスフェリックなハウス作品でデビューを果たした。だが、ブレイクスルーのきっかけとなったのは、友人であり志を同じくするアーティストのAnthony Naplesが運営するレーベル、Proibitoからリリースされたレコードだった。まずは、ほとんどドラムが入っていないにも関わらずDJたちに好評となったEP「Railroad Blues」。そして、事実上突如としてHuerco Sをアンビエントミュージックにおける重要アーティストに仕立て上げたアルバム、『For Those Of You Who Have Never (And Also Those Who Have)』が登場した(Pitchfork50 Best Ambient Albums Of All Timeでは、Biosphereの『Substrata』のわずか数段下に食い込んだほどだ)。 Leedsは最新作『For Those Of You…』を、飛行機での旅にまつわる不安に対処する手段として制作したのもある。「ザナックス(抗不安薬の一種)を飲んだり、大量の赤ワインを飲むのではなく」と、彼はThe Faderに語った。「僕はこのアルバムを、自分が聴きながら寝落ちする為に作ったんだ」。しかし今、彼はセラピーとしてのアンビエントミュージックという考えを終わりにし、「よりダークで、より不快で、寛大さやホリスティック性の少ない」何かに照準を合わせている。昨年Pendant名義で発表したアルバム『Make Me Know You Sweet』は、それに従って生み出された作品であり、1時間にわたって不吉で、海底の暗闇へ広がるような内容だ。RA.658ではそれと同じ方向性の更に先へと進んでおり、1つの冷たいランドスケープからまた次のそれへと這い進み、常に思いも寄らない場所へと辿り着く。
  • Tracklist
      Rex Ilusivii – In The Mooncage IV Susanne Brokesch – Bell Air Mix 1 Sensurreal – Sarift Hank Jackson – Shixxxix Doc Wör Mirran – Broccolli June Harvest (Part 3) Roter Stern Belgrad – Afars & Issas Hypnotone – God C.P.U Doo – Reduce Something Pontiac Streator – Spangles (Dre's edit) Console – Dropped Down MDO & Soft Fit – Untitled Haruomi Hosono & Bill Laswell – Unfinished Screams Pontiac Streator & Ulla Straus – 2 OL – MT Sonix Pontiac Streator – Fat Dose000 Susumu Yokota – Weave NKVD – Are You Lonely Full Moon Fashions – Full Moon Fashions Kotai + Mo – Back at Ten (Slow Baby Stay) Mullie Mess And The Happy Birds – Crossing The Red Sea SETI – Fragment.07 exael – acaow4 Eugene Bowen – The Phase of a Dynasty Carl Crack – KR-6200 MDO & Theodore Cale Schafer – Rone Ulla Straus – House Robert Ashley – Love Letter Part 1