RA.602 Etienne

  • Published
    11 Dec 2017
  • Filesize
    127 MB
  • Length
    00:55:22
  • 注目度上昇中のフランス人DJと共に宇宙を旅する
  • Share
  • 最近では、新鋭DJたちが自身のDJセットをオブスキュアなボムで満たすことがこれまで以上に容易になってきている。だが、それらを1つのセットの中で筋立ててプレイできる特別な才能を持っているのはほんの一握り。言い換えれば、ある人たちがトラックをかけているだけなのに対して、そうでない彼らはDJをしている、ということだ。ベルリンを拠点に活動し、Onur Özer、TC80、そしてUndersoundやArt Of Darkといったロンドンのクルーとの繋がりを持つDJ、Etienneは、ブースに入る度にDJの才能を見せてくれる。彼は新世代のミニマルシーンで活動する他の多くのDJたちと同じプールから、忘れ去られたテクノやエレクトロ、テックハウスに特化しレコードを掘り起こす。だが、彼のシーン以降におけるトップDJたちのように、Etienneのセットは熟考され、洗練され、そしてスムースであり、多様なスタイルとサウンドを往来しながら、完璧なタイミングで展開されていく。そして彼は、メロディに対する鋭い耳も持つ。プロデューサーとしての彼のサウンドには、この節度のあるアプローチが反映されている。彼はこれまでに、今年リリースされたTC80とのスプリットEP「Prologue」を含む、3枚のレコードを発表している。 今週のRAポッドキャストでは、ベストの状態のEtienneを聴くことができる。彼が過去数年間で収集してきたスペーシーなサウンドに、いくつかの未発表曲を織り交ぜたRA.602は、レコードを完全にコントロールしているDJが案内する、旅のようなミックスだ。