RA.600 The Black Madonna

  • Published
    27 Nov 2017
  • Filesize
    181 MB
  • Length
    01:19:04
  • 600回目のRAポッドキャストで、Marea Stamperが過去と現在を繋ぐ
  • Share
  • 「人生の宝くじに当たったような気分」だと、Marea Stamperは2014年のインタビューで我々に語ってくれた。当時彼女はシカゴのクラブSmart Barでクリエイティブ・ディレクターを担当しており、アメリカ国内のダンスミュージック・シーンにおいては既に人気者となっていたが、その後自身の身に起こることを彼女は知る由もなかった。突如としてフェスティバルのヘッドライナー級の存在となったStamperは、世界各地を飛び回るようになり、スケジュールにはギグが積み重なっていくばかり。遂には愛するシカゴを離れ、ベルリン、そしてロンドンへと移住した。 前述の2014年掲載の特集記事でも記している通り、Stamperに感心させられる理由はいくつもある。DJブース内での彼女は、見ているこちらが元気になるような存在だ。また、オンライン上では重要な発言者であり、ダンスミュージックの本質的・社会的価値と、その社会的に無視されたコミュニティと人々を根気強く擁護し続けている。そしてもちろん、彼女がプレイする音楽も忘れてはいけない。ダンスミュージックにおける彼女の長いキャリアが、一聴すれば分かるはずだ。 Stamperは10代でダンスミュージックの虜になった。当時ケンタッキー州に住んでいた彼女は車のトランクでレイヴ・ミックステープを手売りし、それなりのレコードコレクションも持っていた。激しいテクノ?レイドバックなバレアリック?ドシンとしたディスコ?クラシック・シカゴハウス?その全部? Stamperのプレイを聴く時は、何が飛び出てくるのか予想不可能だ。だが、アップリフティングで賑やかな音楽を任せれば、まず間違いはない。おそらくStamperの名前が多くのラインナップのトップにあるのは、それが理由なのだろう。彼女は常に楽しく時を過ごしており(例え具合が悪い時でも)、そして自分以外の人間まで楽しい時を過ごせるよう心がけている。 これらを考慮すると、次なる節目を迎えるRAポッドキャストにおいて、Stamperはうってつけの人選だったように思う。彼女は多岐にわたるミックスを用意してくれた。しかも、彼女自身にとってさえも幅広いミックスを。「ジャンルというものの認識がまだそれほどなかった時代の音楽にとても興味がある」と、彼女は語る。「例えばこのミックスでは、私たちがポストパンクと呼びそうな曲だったり、EBMやニューウェイヴ、ハイエナジーっぽい曲も使っている」。ダンスミュージックの真の広大さを表現し、そこにはルールなど存在しないのだということを我々に思い出させてくれる、そんなセットだ。
  • Tracklist
      Elektrokingdom - Big Time feat. Peter Gabriel The B-52s - Deep Sleep  The Tubes - Drums Talking Heads - Seen And Not Seen Albion - Schwarzen Mer N.O.I.A. - Stranger In A Strange Land Rheinzand - Like Before INXS - Need You Tonight (Liebrand Mix) DMX Krew - Astro Logical Mijo - Trembling  Rahaan - Move Out The Way Carlo Lio - Psychout  BX-8017 - CCCP House (Vodka Remix) Shock - Dream Games Vicious Pink - Cccan't You See Liquid Liquid - Flextone (JD Twitch's Optimo Edit) Gaffa - Attitude Dancing (Land Of A 1000 Dunces) Newcleus - Jam On It (A Chicken Lips Drum Deluxe!) Was (Not Was) - Hello Operator… I Mean Dad… I Mean Police… I Can't Even Remember Who I Am DJ Clouds - United Booty Joe - MPH La-4a - Panic Errorsmith - My Party KZA - Fitness Beats Eli Escobar - Disco Heet Mariya Takeuchi - Plastic Love