RA.575 SIT

  • Published
    5 Jun 2017
  • Filesize
    177 MB
  • Length
    01:17:15
  • Cristi ConsとVlad Caiaによるループの美学
  • Share
  • Cristi ConsとVlad Caiaは魅惑的なループを得意とする。ブカレストを拠点に活動する彼らは、SIT名義(Sideways Invisibility Theoryの略)で共に楽曲を制作し、ライブをし、そしてDJも行う。同胞のルーマニア人アーティストたちと同様に、2人はロングセットやアフターアワーズに適したディープでトリッピーなサウンドを生み出す。ConsとCaiaは、いずれも経験を積んだクラシック演奏家であり、それが彼らの上質なミニマルサウンドを特徴付けるバックグラウンドとなっていることは間違いない。 2009年にSITを結成して以来、2人はそのほとんどの作品をAmphiaから発表してきた。控えめな活動ながらも大人気の同レーベルは、彼らが2011年にConsのEP「Traversa」と共に始動させた。現在までにSITの全3部作アルバム『Sideways』や、Petre Inspirescu、そしてRhadooによるレコードを発表しており、今やミニマルにおけるトップレーベルの1つとなっている。 新旧のトラックで構成されたこの80分間に及ぶライブセットは、ConsとCaiaが録音した初めてのポッドキャスト用音源となる。複雑なディテールに、うねるビート、見事なグルーヴが1つとなったこのセットは、彼らの持つヒプノティックな魅力の最高部分をキャプチャーしている。