RA.557 Inga Mauer

  • Published
    30 Jan 2017
  • Filesize
    161 MB
  • Length
    01:10:25
  • 注目の新しいDJが登壇
  • Share
  • ツアーをしている多くのDJにとって、旅とは耐え忍ぶものであり、目的を達成するための手段に過ぎない。しかしロシア人DJであるInga Mauerにとって、旅とは愛すべきものであり、影響を受けるものだという。彼女はRadio CómemeでBon Voyageという番組をホストし、毎回ある特定の場所や人物をテーマにしたプレイリストをコンパイルしている(同番組の初回放送は19世紀のロシア人探検家Nicholas Miklouho-Maclayに捧げられ、彼女は自身が住所不定であることを誇らしげに語っていた)。Bon Voyageでは見事な程幅広いスタイルをカバーしているが、Mauerはインダストリアルやニューウェーヴ、テクノの系譜に特に惹かれているようだ。彼女のテイストは、ロシアの片田舎で世間から孤立して育ったことによって形成された。Bunker Records、Cybernetic Broadcasting System(後のIntergalactic.fm)、その他レフトフィールドなエレクトロニック・ミュージックの出処の熱心なフォロワーとなり、このことが彼女をStackenschneider(地元ではStackenと呼ばれる)にピッタリな人材へと築き上げた。彼女はこのサンクトペテルブルクにあるごく小さなクラブのレジデントDJとなり、スキルを磨き始めた。2016年までに、その才能の評判は世界へと広まり、Mauerは定期的にツアーをするようになり、Panorama Bar、De School、Nitsa、OHM、そしてKaikuといった各地の名門クラブへの出演を果たした。また、彼女はスタジオに潜り数年間過ごした後、計6曲のマシン・ジャムを収録したデビュー作「From Cologne To Clone」をHivern DiscsのサブレーベルHVNXから発表した。そして来週には、新作12インチをShtumからリリースする。Mauerがビッグになることを、更に決定づけるような作品だ。 MauerのRAポッドキャストでは、その更なる証拠を聴くことができる。このミックスは、彼女のテイストの縦断する奇妙でありながらも魅力的な旅であり、型破りなサウンドによって如何にダンスフロアが動かされるかという素晴らしい例でもある。
  • Tracklist
      Esplendor Geometrico - Sheikh Acteurs - I W I Clock DVA - Pool Of Shades Shiny Black Mater - The Sun Is Its Father, The Moon Is Its Mother, The Wind Have Passarani 2099 - New Wave 2 Varg - A Destructive Flame Kirk Degiorgio - Membrane (C2 remix) The Rattler Proxy - Dead City (Khidja remix) Evigt Mörker - Nada Reincarnation Kirk Degiorgio - Borel (NX1 remix) Slam - Stepback Van Kaye & Ignit - Picassos On The Wall Steve Stoll - Check One The Rattler Proxy - Day To Day Gabeen - Enemy Nostalgie Eternelle - Too Late To Be Sad