RA.488 Visionist

  • Published
    5 Oct 2015
  • Filesize
    98 MB
  • Length
    00:42:45
  • フレッシュ・グライム・スタイル
  • Share
  • ニューアルバム『Safe』のジャケットのLouis Carnellの表情は、まるで冷凍睡眠から覚醒したばかりのようだ。Visionist名義で発表する彼の楽曲は、まるで氷の洞窟で作られたかのような冷たさをもつため、それは象徴的と言える。Carnellは、言葉のない声ネタや生気のない冷ややかなシンセ音を、合唱的とも言える使い方で駆使し、神秘的なグライムを創造している。南ロンドン出身の彼は、数年前にデビューして以来この独特なスタイルを磨き続けており、Lit City Trax、Diskotopia、Leisure SystemやLeft Blankといった実験的レーベルから作品を発表してきた。彼はここ最近のインストゥルメンタル・グライムの新しい波のキーマンの1人だが、革新的なリズムや、音響実験などを追究する他のアーティストと違い、Carnellは心情を表現することに重きを置く。2部作の「I’m Fine」シリーズでは、“five stages of grief”(註:悲しみを乗り越えるまでの5段階)である否認 (Denial)、怒り (Anger)、取引 (Bargaining)、抑鬱 (Depression)、受容 (Acceptance)を表現している。「Part II」をレビューしたMaya Kalevは、「鋭く研ぎすまされたダンス・ミュージックのモチーフたちは、どんなクラブ文脈にも縛られる様子を見せずに、広大な空間を遊泳する」と同作を表現した。今週PANから発売される新作『Safe』も同様に、日々の不安感を描く。「その苦悶を表現するため、聴くのが難しいぐらいのものにしたかった」と、以下で彼は説明している。新作にはCarnellのスタイルをこれまで以上の境地へと押し進めた15曲が収録されており、ビートはよりタフに、声ネタはより濃密に、そしてムードはより冷ややかになっている。 自作のリリース以外にも、Carnellはグライムやその関連シーンが前進を続けるよう活動している。彼のレーベルLost Codesからは、Filter Dread、Sd Laika、Bloom、Acreといった革新者たちの作品を発表してきたが、今年、同レーベルはPANのBill Kouligasを迎えて、CODESとして新しく生まれ変わった。今回のRA.488は、こういった革新者たちのサウンドや、『Safe』の楽曲を27曲詰め込んだ42分間になっている。 近況報告をお願いします アルバムを仕上げてからは、ライブショウの準備を進めていたんだ。来週のUnsoundフェスティバルで初披露目することになる。あとPANのBillと共同運営している新しいレーベルCODESから出す作品の準備などでとても忙しかった。 ミックスの制作環境を教えてください CDJとSeratoを使って、Logicに録音したんだ。 ミックスのコンセプトについて教えてください 俺はミックスを作るとき、普段インスピレーションを受けている音楽世界を表すようなものにするんだが、同時に、自分の作品も入れたものにしたかった。特定のジャンルやスタイルで構成されているわけではなくて、境界線は曖昧だ。 『Safe』について教えてください。どういったビジョンを描いて制作しましたか?制作期間は? 俺の不安障害との闘いを音楽的に表現したものなんだ。その苦悶を表現するため、聴くのが難しいぐらいのものにしたかった。そういう方向性を模索する上で、これまで以上に実験的なことに挑戦することができた。そして、すぐに懐古主義に走ったり、古いアイディアを新しくパッケージし直してるだけの音楽が氾濫している現代へのメッセージでもあるんだ。俺のサウンドはロンドンで過ごして来た自分の経験がもとになっていて、色々なジャンルを内包する。ロンドン人として、俺は常に音楽制作の限界をプッシュして、「今」ではなく「ネクスト」なものを生み出す必要があると感じているんだ。4、5ヶ月ぐらいかけて作った。 現在あなたがやっていることには、それを取り巻くシーンが存在していると思いますか?それはどういったシーンでしょうか? シーンの一部になることは元々狙っていたことではなかったが、自分にとって大事なのは、オーナーがリスペクトできて、他の所属アーティストもリスペクトできるレーベルに所属することだった。志が同じである他のクリエイティブな人達と共感して理解しあうということが、特定のシーンに属すことよりも俺にとっては大切だ。 今後の予定は? アルバムの発売が待ち遠しいね。次のアルバムのことを考えるのはしばらくしてからにしようと思ってる。あとはライブ・ショウがあるし、ファッションだとかアートなど、異なる分野の人とのコラボレーションも今後の視野に入れている。
  • Tracklist
      Visionist - Glass Lee Gamble - Oneric Contur BD1982 - Physical Filter Dread - Pyramid 2 Suicideyear ft K9 - Scarr Massacooramaan - Mausambi Acre - Holding Hands Saga - Sciatic M.E.S.H. - Optimate Ten Storeys - Steep Wind Heist Acre - Play Mssingno - Caya Dark0 x Visionist - Opia Filter Dread - Troll Drumz Szare - Scored Ling - Canthem Evian Chirst - Tool Time Acre x Filter Dread - Drum Special 2 Visionist - Safe Hex - Open Source Visionist ft Dot Rotten - Battle Visionist - Tired Tears, Awake Fears K9 - Untitled (Prod Evian Chirst) Visionist - Victim Saga - Treachery (Dark0 Remix) SD Laika - Tropic Of Capricorn Visionist - Safe