RA.445 Phil Moffa

  • Published
    8 Dec 2014
  • Filesize
    140 MB
  • Length
    01:01:15
  • NYのサウンド・サイエンティストが送る、ライブ・テクノ
  • Share
  • ゲームをしよう。質の良いヘッドフォンをつけ、ニューヨークのPhil Moffaのテクノ・トラック、「Premonition」を聴いてみていただきたい。彼がPlan B Recordingsから最近出したEPに収録されていた同曲は、全ての要素が自由に空間を行き来しているように聞こえないだろうか?そしてキックとベースラインが完璧に調和し、同一のもののように聞こえるところにも注目いただきたい。更に、音圧で圧倒しなくてもハードに迫り来る印象を受けないだろうか?今あなたが耳にしているのは、長年培ってきた経験の賜物である。かれこれ15年ほどMoffaは勢力的に活動しており、スタジオでの制作をしていない時はニューヨークのダンスフロアを体感し、ハード機材中心の即興グループでプレイし、あるときはダブ/レゲエ・アーティストのプロデュースも行ってきた。2010年にはButcha Soundをマンハッタンで立ち上げ、以来クラブ・プロデューサー向けにエンジニアとして働き、自身もトラック作りに励んできた。(彼はRAにてテック記事の執筆もたまに行っている)Moffaは友人のLevon Vincentを通してAnthony Parasoleと出会い、Parasoleのレーベル、The Cornerのリリース第二弾として2人はコラボ作『Atlantic Avenue』をリリースした。その他にもMoffaはDJ SpiderPaul Raffaele、そして最近はSeth Troxlerなどとコラボレートしており、ソロEPも数作だしてきた。 Moffaのトラックはたいていシンプルであり(そのほうがハードなインパクトを与える)、その分彼が好む歪んだシンセラインやドローンな空気感などで効果的にじらすことができ、今回の1時間にも及ぶライブ・セッション的テクノ・ミックスRA.445でも、その特徴は顕著である。 ミックスの制作環境について教えてください Butcha Soundで録音したんだ。使用機材はハードウェア・サンプラー、シンセ・モジュールとペダル。これらをミキシング卓に通して、そこでアレンジメントやエフェクトを行った。ミックスの中はサンプリングの他に、シンセジャムをずっとかけている。このシンセジャムは、ある朝Rough Tradeのショップで作ったものなのだが、その時お店ではMoogがショールームを開いていて、壁にはVoyager、ペダル、CV類が並んでいた。 このセットのコンセプトについて教えてください 俺はたいていライブセットのリハーサルを参照用に録音しているんだ。このセットはブルックリンのOutputでのライブに備えたものだった。過去にリリースしたもののリワーク版や、まだ曲として完成していなくてライブでしか披露しない断片的なものを組み合わせたんだ。 Butcha Soundについて教えてください Butcha Soundは4年前から、音楽界では伝説になっているマンハッタンの建物の地下にあるスタジオだ。80年代には、ここはChaka Khanの『I Feel For You』などのクラシックを制作する上でのコントロールルームとして機能していた。その時代から壁に設置されているUrei 813で、今でもモニタリングしているんだ。この部屋に入ると誰もが雰囲気に圧倒されるし、博物館のように揃った機材の数々にエレクトロニック・ミュージック好きは皆興奮するんだ。 Sethとのコラボはどのようにして始まったのですか? スタジオがスタートして以来、俺はThe Martinez Brothersのエンジニアとして彼らの作品を手がけてきた。あるとき、Tuskegeeから出した『Space And Time』を制作するために、彼らはSethを連れてきたんだ。彼はここで制作するのがとても気に入り、新曲をやったりリミックスをやるために来るようになった。セッションの終わりごろ、一緒に曲を作らないかということになって、まず数曲作って、その後どんどん曲を作っていったんだ。 今後の予定は? 12月27日にあるBerghainでのライブに備えているところだ。12月のリリース予定としてはSteracの"Hypnoticus"のParasole & MoffaリミックスがDelsin Recordsから、Destination Void名義(Brendon Moeller、DJ Spiderと俺)の『Between Worlds』がCuttin' Headzから、そしてThe Cornerからは初となるソロ作『Attempt No Landing』がある。Sethとのコラボ『Rogue Music』は1月下旬にHypercolourより発売だ。