RA.424 DJ Dodger Stadium

  • Published
    14 Jul 2014
  • Filesize
    154 MB
  • Length
    01:07:17
  • LAのベテラン2人が送る優美なハウスとテクノ
  • Share
  • Jerome LOLとSamo Sound Boyは、ロサンゼルスに帝国を築き上げた。それは、彼らが運営するレーベルBody Highであり、これまでリリースしてきた作品群を見ると、現在のアメリカのダンス・ミュージックの全体像が凝縮されていることが解る。まず、Samoのヴォーカル・ヘヴィなテクノがあり、それからTodd Edwardsの躍動的なガラージがあり、DJ Sliinkのジャージー・クラブがあり——それはまだ氷山の一角だ。Body Highを主催する2人はシーンのベテランであり、DJ、プロデューサーとしても重要人物である。彼らはこれまでClassixxなどポップスターやクロスオーバー・アーティストをサポートし、倉庫でパーティーを主催し、Boiler Room LAをBody High Radioシリーズでジャックするといった活動を行ってきた。常に嗜好、トレンド、客層などが変化することで知られるこの街で、Body Highは全てを要約することに一番近い所まできたレーベルだと言える。 そしてそれは、JeromeとSamoがDJ Dodger Stadium名義で作る音楽でも言えることだ。LAへの愛を綴った『Friend Of Mine』は、なめらかなハウス作品であり、我々のレビューでは、「巨大で、普遍的で、好きになり易い」作品だと説明したが、それは今回のポッドキャストを語る上でも使える表現だ。ハードなテクノとドリーミーなハウスの魅惑的なブレンドである今作には、彼らによるオリジナル曲やキラー・エディット(Chief Keef、Prince、Mathew Jonsonの楽曲など)も織り交ぜられ、Jeff MillsやRobert Hoodらのクラシックなども巧妙に差し込まれている。 近況報告をお願いします Sam: 毎日ライブ用に練習をしているんだ。今はノートPCやMIDIを使用せず、全てサンプラーとドラムマシンのみでやっているから、練習しないと駄目なんだ。 Jerome: なるべく涼しくして、スタジオでは水分補給を忘れないようにしているよ。 ミックスの制作環境を教えてください Sam: まずはエディットを制作することから始めて、数日後、それらが完成したら、LAのスタジオに行って一晩でミックスを録音したんだ。 ミックスのコンセプトについて教えてください Sam: このミックスはアルバムの付録みたいな位置づけにしたかったんだ。アルバムの雰囲気を踏襲して、かつ大好きな曲を詰め込む良い機会だと思った、 Jerome: アルバムを作っていたとき、色々な曲が違和感なく共存している世界を構築することを意識していて、今回のミックスもその世界に存在しているようなものにすることが出来たと思ってる。アルバムを作っていたときに出そうとしていた雰囲気が、このミックスでも表現されていると思うんだ。 共同で制作を始めたのはいつですか?そしてそれぞれの役割はなんですか? Sam: 最初に一緒に制作したのは、3年前、最初のDJ Dodger StadiumのEP「Stadium Status」を作った時だ。あれは僕らのレーベルBody Highのリリース第一弾となり、スタート地点になったんだ。 Jerome: お互いソロで制作しているときはスタイルが違うのに、DJ Dodger Stadiumとして制作する時は同じ考えを持って、結束して制作するんだ。 ニューアルバムはJohn Fanteの小説、『Ask The Dust』にインスピレーションを受けたとのことですが、小説とアルバムにどのような繋がりがあるのか、説明してください Jerome: あの小説は現実のロサンゼルスとは異なった世界が舞台になっているんだが、共感できる部分もものすごくあったんだ。アルバムのインスピレーションはあの小説のみであったわけでは決してないが、あの小説のような感情表現を目指していたのは間違いない。 Sam: 僕にとっては、あの本のテーマは人生における苦悩で、いかに苦悩が一定の周期で常に巡って来るかが描かれていると思うんだ。それはアルバムを制作しているときに良く考えたテーマだったんだ。自分たちの生活とか、周りの人々を見て。それを受け入れて、それに人生を台無しにされないように、生きていくことを。 今後の予定は? Sam: 夏の後半に、DJ Dodger Stadiumのライブがオーストラリアとヨーロッパで予定されていて、秋にはちゃんとしたアメリカのツアーを行う予定だ。更に、新曲も作り始めているし、お互いソロ作も平行して作っているんだ。
  • Tracklist
      DJ Dodger Stadium - Sit Down Satan DJ Dodger Stadium - Love Songs Chief Keef - Baby What's Wrong With You (DJ DS Dub) Frankie Bones - Strings of Death Prince - Nothing Compares 2 U (DJ DS Head High Edit) Spencer Parker - Yogoto Mathew Jonson - Leaning to Fly Dub (DJ DS Dream Edit) DJ Dodger Stadium - Memory Lane Stenny & Andrea - Sea (The Time Gate) Rod Lee - Get Real High Floorplan - Funky Souls SHXCXCHCXSH - OOOVVVDDDDD Blood Orange - High Street (DJ DS Edit) Jeff Mills - If (We) Joey Beltram - Flash Cube DJ Dodger Stadium - Never Win Raw Man - Lovers Recondite - PSY DJ Dodger Stadium - By Your Side Peter Ivers - In Heaven