無料のオープンソース・オーディオソフトAudacityがメジャーアップデート

  • Share
  • 定番の録音・編集ソフトが、ファイル構造を一新した。
  • 無料のオープンソース・オーディオソフトAudacityがメジャーアップデート image
  • 音声録音・編集ソフトAudacityがバージョン3.0.0にアップデートされた。 開発者は「メジャーアップデート」と表現しているが、主な改善点はファイル構造の部分だ。大量の.aupデータファイルは.aup3という新しいフォーマットにまとめられ、動作速度とファイル構成が改善される。 「大々的な変更だったので、他の多くの変更を同時に行うのはリスクが大きすぎると判断しました。3.0.0では、このフォーマットの大きな変更にほぼ徹しました」と開発者は語る。また、160件のバグ修正、無音と音を識別する新しいアナライザー“Label Sounds”の追加、ノイズゲートツールの改善などが行われている。 アップデートは、Audacityウェブサイトから無料ダウンロードできる。 Audacityは、20年以上前から提供されている無料のオープンソース・アプリケーションだ。その使いやすさと機能の豊富さから、プロデューサーやオーディオエディター、教育者の間で定着しており、2015年3月以降だけでも1億回ダウンロードされている。また、Audacityだけでアルバムを完成させることができるほか、サンプルやポッドキャストの編集、テープやレコードのリッピングにも欠かせないツールとなっている。大型アップデートは、前回の2.4.2以来、実に9年ぶりとなる。