Latin Quarterが13年ぶりとなる新作EP「pattern01」を発表

  • Published
    Fri, 5 Mar 2021, 09:00
  • Words
    Suiko Nakai
  • Share
  • 全6曲収録のシングルのほか、未発表音源を収録したカセットがMad Love Recordsから4月に同時リリース決定。
  • Latin Quarterが13年ぶりとなる新作EP「pattern01」を発表 image
  • Latin Quarterが最新EP「pattern01」をリリースする。 横浜拠点のDJ / トラックメーカーであるLatin Quarterにとって約13年ぶりとなるソロ新作は、Keita Sano主宰レーベルMad Love Recordsからデジタルとカセットテープで4月14日に発売される。(2010年にはDJ Kentaとのスプリット12インチシングルを自身主宰のレーベルPan Pacific Playaからリリースしている。)レーベルは収録される6曲について、「スムースでメロウなヴァイブスも持ちつつ、独自のユーモアでサンプリング&コラージュされたオルタナティヴなディスコ・ハウス」と説明する。 また、最新EP発表に合わせ、Latin Quarterの未発表音源がカセットテープで同時リリースされる。全4曲を収録した「Mock」は、プレスリリースによると「ダンストラックとリスニング両方の機能を兼ねそろえたウィアード・エキゾ・サイケな仕上がりに」なっているという。 「pattern01」のオープニングトラック“Don’t care”は以下でチェック。
    「pattern01」 Tracklist 01. Don’t care 02. Pooh 03. birdsong 04. Come on In 05. Spring Rev 06. Hiden 「Mock」 Tracklist 01. flamingo tutu 02. tu-dum 03. Rits Crack Bits 04. Gamlan&Turntable 「pattern01」と「Mock」は、Mad Love Recordsより2021年4月14日に発売予定。