ニューヨーク・ハウス界のレジェンドAngel Moraesが55歳で死去

  • Share
  • ブルックリン出身のDJ / プロデューサーが2月27日に亡くなった。
  • ニューヨーク・ハウス界のレジェンドAngel Moraesが55歳で死去 image
  • ハウスDJでありプロデューサーであるAngel Moraesが55歳で死去した。 このブルックリン出身のアーティストのFacebookページの投稿によると、彼は2月27日に「突然」、「無条件に彼を愛していた人々に囲まれて」息を引き取った。 1965年生まれのMoraesは80年代後半から90年代前半のニューヨーク・シーンで頭角を現した。彼はこの時代のベスト・ハウス・アーティストの一人として知られ、Jeffrey Rodmanと共に人気レーベルHot 'N' Spycyを運営し、“Release Yourself”、Basil Roderickをフィーチャーした“Heaven Knows (I Can't Understand)”、Sally Cortezをフィーチャーした“Welcome To The Factory”といったヒット曲を生み出し、さらにはPet Shop Boys、K.D.Lang、Jaydeeなどのリミックスを手掛けた。1998年にはモントリオールでナイトクラブStereoを共同設立した。   業界関係者たちからのMoraesへの追悼コメントと共に、Sally Cortezをフィーチャーした“Welcome To The Factory”をチェック。