Jlin、Morgan Geist、Young MarcoがMarie Davidson & L'Œil Nuのリミックスを担当

  • Published
    Fri, 26 Feb 2021, 06:51
  • Share
  • 映像作家のDenis Côtéが撮影した、アルバム『Renegade Breakdown』のライヴパフォーマンスもストリーミング配信される。
  • Jlin、Morgan Geist、Young MarcoがMarie Davidson & L'Œil Nuのリミックスを担当 image
  • Marie Davidson & L'Œil Nuが新作リミックスを続々と発表し、3月12日にはRenegade Breakdown Liveと題したライヴストリーミング配信を実施する。 Marie Davidson、Pierre Guerineau、Asaël R. Robitailleからなるトリオは、Davidsonが2019年にソロ・ツアーを辞めた後に再結成し、昨年9月にデビュー・アルバム『Renegade Breakdown』をリリース。今回、JlinYoung MarcoMorgan Geistがアルバム収録曲のリミキサーに抜擢された。Jlinによる“C'est parce que j'm'en fous”のリミックスが先行して発売され、他の作品もそれに続く形でリリース予定となっている。 また、バンドは日本時間で3月12日の午前5時から、ケベックの実験映像作家Denis Côtéが撮影した『Renegade Breakdown』の一回限りのライヴパフォーマンスをNoonChorusにてストリーミング配信する予定だ。「Renegade Breakdown Liveは、まず第一に映画であり、Denis Côtéのヴィジョンである」とバンドは説明する。「演出をすることなく、バンドとして初めてのパフォーマンスを撮影し、2021年における映像化されたライヴの可能性を探ってくれた」 “C'est parce que j'm'en fous”のJlinリミックスは以下で視聴可能。