Rei Harakamiのデビュー作『unrest』が初のレコード・リリースへ

  • Published
    Wed, 3 Feb 2021, 07:00
  • Words
    Suiko Nakai
  • Share
  • 全12曲収録のLPは、完全限定生産で5月に登場。
  • Rei Harakamiのデビュー作『unrest』が初のレコード・リリースへ image
  • Rei Harakamiのアルバム『unrest』がringsよりアナログ・リリースされる。 ringsは、1998年3月にCDでリリースされたHarakamiのデビュー作『unrest』にボーナストラックを追加収録した再発盤を2015年に発表しており、本作はそのヴァイナル・バージョンとなる。2枚組見開きジャケット仕様のレコードのマスタリングは関西電子音楽家TANZMUZIKの山本アキヲが担当。ライナー・ノーツは2015年の再発盤CDからの転載で、大友良英・中原昌也の両名によるものだ。また再発にあたり、Harakami作品を多く手掛けたtomokochin-proによるイラストをメインにしたジャケットに新装される。 2011年に死去したアーティストRei Harakamiは、ほとんどのパートで1996年に発売された旧式のMIDI音源であるRoland SC-88Proしか用いず、そのサンプリング音を逆再生する手法で独特の音を奏でる音楽家。矢野顕子とのユニットyanokamiとしても活動した。 プレスリリースは『unrest』について、「Roland 88proで創られたシンプルでありながらも、特有の素晴らしいメロディーを生み出した、ハラカミ・サウンドの原点となる1枚」と説明する。さらに、レーベルプロデューサーである原雅明は「冒頭の“On”で既にあのRei Harakamiサウンドが聞こえてきます。飛び交っていく音の粒が、後のどのアルバムよりもファンキーで、聴くのがとにかく愉しいのです。レコードでも、是非そのことを感じてもらえたらと思います」と語っている。
    Tracklist A1. On A2. More Elbow A3. Dessert A4. Wreck B1. Rho B2. Pass B3. Vice Versa C1. Code C2. After Bonus C3. Objective Contents D1. Bioscape D2. Unrest​ 『unrest』はringsから2021年5月19日に発売予定。