KEITA SANOが全18曲収録のカセットテープ『this love』をリリース

  • Published
    Mon, 13 Jul 2020, 05:00
  • Words
    Suiko Nakai
  • Share
  • コロナ禍のベルリンで制作された新作が自身主宰のMAD LOVE Recordsより登場。
  • KEITA SANOが全18曲収録のカセットテープ『this love』をリリース image
  • KEITA SANOの新作カセットテープ『this love』がMAD LOVE Recordsよりリリースされた。 岡山県出身、現在はベルリンを拠点とするハウスプロデューサーKEITA SANOが、コロナウイルスのパンデミック状況下で制作したという本作は、プレスリリースによれば「今までのKEITA SANOの破壊力のあるディスコ・ハウス路線とは一線を画したジャジー&ムーディーなインストゥルメンタル・ヒップホップ~プレイクビーツ小作品集」であり、「モダン・ジャズ、アダルト・コンンテンポラリー、スピリチュアル・ジャズ等から受けたインスピレーションにいまの状況を色濃く反映させたソウルフル・ダウンテンポな18曲」が収録されている。 繊細な音作りと骨太なサウンドが持ち味であるSANOは、2013年のデビュー以来Mister Saturday Nightや1080p、Let's Play House、Holic Traxといったレーベルから精力的に作品を発表。2020年に入ってからは、EP「Come Dancing」を自身が主宰するMAD LOVE Recordsからリリースしたほか、「Pleasure Cruiser & Keita Sano ‎– Tokyo Horoki Part 2」で東京都大田区に2年間滞在したイギリスのプロデューサーPleasure Cruiserとコラボレーションした。 KEITA SANOと、同じく岡山出身のプロデューサーであるSHIZKA、Daisuke Kondoの3人による2018年の対談特集記事を振り返ろう。 『this love』は以下から試聴可能。
    Tracklist 01. other world 02. day and night 03. play it loud 04. nice day 05. merci! 06. ggs 07. this love 08. hold the notes 09. do what you love 10. nobodycanavoidalone 11. canttalk 12. motion 13. dmn 14. no 15. minimalisy 16. cinema 17. phonegonevertiontwo 18. sun burn 『this love』は、MAD LOVE Recordsより2020年7月27日に発売。 ​Photo credit: Mathieu Foucher