Jeff Mills、Eddie Fowlkes、詩人のJessica Care MooreがThe Beneficiaries名義のデビュー・アルバムを発表

  • Share
  • デトロイトにフォーカスしたLP『The Crystal City Is Alive』が、Axis Recordsから7月24日にリリースされる。
  • Jeff Mills、Eddie Fowlkes、詩人のJessica Care MooreがThe Beneficiaries名義のデビュー・アルバムを発表 image
  • Jeff MillsEddie Fowlkes、詩人のJessica Care Mooreというデトロイト拠点の3人が、初のコラボレーションとしてThe Beneficiaries名義のファースト・アルバムを制作した。 7月24日にMillsのレーベルAxis Recordsから発売される『The Crystal City Is Alive』は、デトロイトとその豊かな文化史をテーマにした全6曲収録のLPだ。MillsとFowlkesが作曲、Mooreが作詞を担当。レコーディングはデトロイトとマイアミで行われた。 1971年生まれのMooreは、詩人、劇作家、パフォーマンス・アーティスト、プロデューサーとして高い評価を得ている。彼女の詩は、Nas、Talib Kweli、Jeezy (FKA Young Jeezy)などのヒップホップ界の重鎮たちの曲にもフィーチャーされてきた。 『The Crystal City Is Alive』のクリップをDecks.deでチェック。
    Tracklist 01. Metallic Stars 02. People 03. Star Children Of Orion 04. When The Sun Loves You Back 05. The X 06. The Crystal City Is Alive 『The Crystal City Is Alive』はAxis Recordsより2020年7月24日に発売予定。 Artwork: Sabrina Nelson