関西拠点のプロデューサー20名がJouleの救済金を集めるコンピレーションに参加

  • Published
    Mon, 22 Jun 2020, 07:30
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • 『Joule - Osaka Squad』の全売上は、今週末から営業を再開するアメリカ村のヴェニューに寄付される。
  • 関西拠点のプロデューサー20名がJouleの救済金を集めるコンピレーションに参加 image
  • 大阪のクラブJouleの救済金を集めるためのコンピレーション 『Joule - Osaka Squad』が、6月20日にBandcampでリリースされた。 関西エリアで最も大きいクラブの1つであり、2019年に20周年の節目を迎えたJouleもまた、世界各地のほとんどの音楽ヴェニュー同様にCOVID-19による大打撃を受けている。大阪府の休業要請を受け3月末から休業し、その間ストリーミング配信を実施してきた同クラブは、今週末3ヶ月ぶりにオープンする。そして今回、再開後のJouleを金銭的に支援すべく、関西拠点のプロデューサー20名が集った。 ハウスからテクノ、トランスまで計19曲が収録された『Joule - Osaka Squad』はアンミクスドのデジタルコンピレーションと、関西拠点のKenyaが監修したミックスCDの2ヴァージョンで、心斎橋のDJ / DTMスクールyell0wから発売された。マスタリングは同スクールを運営するToru Ikemotoが担当。売り上げは全額Jouleに寄付されるという。 尚、営業再開初日となる6月27日(土)は、南アフリカ出身のサイケトランスアーティストRinkadinkがライヴセットを披露するほか、コンピレーションに参加したKAZYAも出演する。 Toru Ikemotoによる“nexxt space”は以下で試聴可能。
    Tracklist 01. Kenya - ACIDRASINES 02. KIcKIn' MIMIc - Ahhhh 03. yu-more - BOW! 04. Kuromaro - Cali 05. Yukari Okamura - Crude 06. Digi Digi - DATA 07. HI-C - Don't Stop The Joule 08. Hmen (SHUHEI SANAGAWA) - DONT STOP 09. hijiri sone - eat out more often 10. MARIA. - Eightman 11. PiERO - Electric Shanti 12. HISASHI AOCHI - Ghost Town 13. Xipe totecs & KAZYA - JOULE 14. YU MATSUURA - MONJA 15. Toru Ikemoto - nexxt space 16. Rio Moriyasu - origin 17. OSAKAMAN - Say Hello(Bon joule Remix) 18. Hogeko - Semegi 19. FUKA - Work from Home 『Joule - Osaka Squad』は現在発売中。
Are you a promoter?Submit event

© 2021 Resident Advisor Ltd. All rights reserved.