フランクフルト・テクノのオリジネーターPascal F.E.O.S.が52歳で死去

  • Share
  • Resistanceのメンバーとしての活動や、その他様々な名義で知られるベテランが、がんで亡くなった。
  • フランクフルト・テクノのオリジネーターPascal F.E.O.S.が52歳で死去 image
  • Pascal F.E.O.S.ことPascalis Dardoufasが死去した。 ドイツのベテランプロデューサーは、胃がんのため52歳でこの世を去ったとFAZE Magが報じた。80年代に活動を開始したF.E.O.S.は、ジャーマンテクノにおける最重要人物の1人であり、Heiko MSOやSven Väthと共に、テクノとトランスが融合したかの有名な90年代のフランクフルトサウンドの形成の一翼を担った。また、自身が主宰するPlanet Visionのほか、フランクフルトの重要レーベルHarthouseからも多く作品を発表した。 DardoufasはF.E.O.S.名義によるソロ作品のほか、90年代のテクノグループResistance Dや、トリップホップバンドAural Floatなど、様々なグループのメンバーとしても活動していた。 “Technique”を以下でチェック。