Okada Takuroとduennが“都市の音楽”をキーワードにしたアルバムを発表

  • Published
    Wed, 20 May 2020, 03:12
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • 2人の日本人アーティストによるコンセプチュアルなアンビエント作品『Urban Planning』が5月20日にデジタルリリース。
  • Okada Takuroとduennが“都市の音楽”をキーワードにしたアルバムを発表 image
  • Okada Takuroとduennが、コンセプチュアルなコラボレーションアルバム『都市計画 / Urban Planning』をリリースした。 バンド森は生きているの元リーダーであるOkada Takuroは、2015年にバンドを解散後ソロアーティストとして活動開始。2017年にデビューアルバム『ノスタルジア』を発表したほか、他アーティストのプロデュースや映画音楽の制作などを行っている。一方、福岡在住のサウンドアーティストduennは、これまでにベルギーの実験音楽レーベルEntr'acteやアメリカのアンビエントレーベルPast Inside the Presentから作品をリリースしているほか、Merzbow、Nyantoraとのエクスペリメンタルトリオ3RENSAとしても活動中だ。 東京のレーベルNewhere Musicから本日5月20日にデジタルリリースされた本作は、2人のディスカッションの中で生まれた“都市の音楽”というキーワードをコンセプトに掲げている。“空気”になれるアンビエントミュージック(環境音楽)は、2020年の都市での生活の中にどのように溶けていくのか、そんな会話を重ねながら、これまでのキャリアの中でメロディを創作したことがないというduennのメロディのみでアルバムを完成させることをOkadaが提案したとのこと。一方のOkadaは編集・プロデュースを担当。duennがGarageBandを使用して作ったミニマリストなメロディをもとに、構想から2年余りをかけて完成した。 アルバムに収録の全16曲がエンドレスにループする、作品のコンセプトに沿って「“物語”ではなく“空気”になるために作られた」という3時間のミュージックビデオを以下でチェック。
    Tracklist 01. Waterfront 02. Aquapolis 03. Third Sector 04. Hana To Midori To Hikari 05. Nijuuisseiki No Mori 06. Green Park 07. Social Welfare 08. Public Space 09. New Urban Center 10. Subcenter 11. Landscape 12. Zone 13. 116 14. Public Open Space 15. Cosmodome 16. Infrastructure 『Urban Planning』は、Newhere Musicより2020年5月20日に発売。