Samuel Rohrer, Max Loderbauer, Tobias Freund, Stian Westerhusから成るカルテットKAVEのデビューLPが登場

  • Share
  • バンドの名を冠したアルバムは、Arjunamusic Recordsから5月リリース。
  • Samuel Rohrer, Max Loderbauer, Tobias Freund, Stian Westerhusから成るカルテットKAVEのデビューLPが登場 image
  • Samuel Rohrer, Max Loderbauer, Tobias Freund, Stian Westerhuから成るカルテット、KAVEのデビューアルバムが、Arjunamusic Recordsから5月にリリースされる。 本作はArjunamusic Recordsを主宰するSamuel Rohrerのプロデュースにより結成されたバンドの初作品であり、Max Loderbauerがモジュラーシンセとキーを、Tobias FreundがRoland MC-202、Syncussion、エフェクトペダル、Stian Westerhusがギターとボーカル、そしてSamuel Rohrerがドラム、エレクトロニクス、Moogを担当している。プレスリリースでは、このバンドを"森"になぞらえ、「それぞれの基盤にある"深いルーツ"によって確固たる自信を伴い、暗闇と混同されやすい密度と神秘性によって定義された音楽だが、"枝分かれ"と予想外の多様化という行為をとおして明るい生命力を放っている」と解説されている。 Tobias FreundとMax LoderbauerはNSI名義で長年にわたり活動を共にする仲だ。Max LoderbauerとSamuel RohrerはトリオAmbiqのメンバーとして、近年制作やライヴを重ねてきた。 収録曲"Giant Peach"は、以下より試聴可能。
    Tracklist 01. Cambium 02. Hibernation I 03. Destination North 04. Toxic Boy 05. Devided We Fall 06. A Walk In The Woods 07. Giant Peach 05:42 08. Hibernation II 05:19 09. Hermit Arjunamusic Recordsは『KAVE』を2020年5月29日に発売予定。