Save Our Scene: 寄付

  • Published
    Thu, 4 Jun 2020, 04:00
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • 新型コロナウイルスのパンデミックに影響を受け、支援を必要としている人々のための、有益なリソースを紹介。
  • Save Our Scene: 寄付 image
  • 新型コロナウイルスことCOVID-19のパンデミックの中、エレクトロニックミュージックコミュニティ(およびその他)を支援する方法をいくつか紹介する。 ライヴミュージック業界で多くのキャンセルが生じている現在、様々なオンラインリソースが生まれており、その一部を以下にまとめた。 ヴェニューやプロモーター、スタッフを支援する • 日本の様々なヴェニューが、休業中の賃料や人件費、その他諸経費を募るCampfireキャンペーンを実施中。リターンとして営業再開後の入場チケットやドリンクチケット、オリジナルのマーチャンダイズやその他グッズなど、ユニークな内容を盛り込んでいる。現在実施中のキャンペーンは以下をチェック。 東京: ContactStudio CoastSound Museum VisionDJ Bar BridgeEN-SOFRuby RoomExtrawelt & DimensionTengu ShokudoR LoungeShibuya OiranOTOWarp 関東(東京以外): 444quad 北海道・東北: MotherThe HAKATASandinistaHI-HATBugpipe 関西: TriangleSunhalldfloorClub Move 中部: grand space Quarkclub buddha & bar shivadazzbar 中国・四国: bar txalaparta 九州・沖縄: 熱血社交場α • 東京のヴェニューUnitは、イベントを中止したプロモーターやアーティストの会場キャンセル料負担をゼロ円にするREADYFORキャンペーンをスタート。「できることならばキャンセル料を全て無料にして差し上げたい。しかし、私たちも収入が全く途絶えれば共倒れになってしまう。そうなってしまっては次の行動を起こすこともできません。」「まずは、私たちがこの状況を打破すべく先頭に立たせていただき、音楽を支える皆さまとともに、この困難を乗り越えていけるならこんなに嬉しいことはありません。そして、先の見えないこの現状を、微力ながら音楽の力で変えてゆけるのなら頑張れる気がします」と訴えかけた。 • 世界各地のヴェニューのファンダライザーは以下の通り。 ドイツ: Robert Johnson://about blankSalon Zur Wilden RenateRummelsbucht UK: Village UndergroundDalston SuperstoreSneaky Pete's デンマーク: Ved Siden AfCulture Box US: Bossa Nova Civic ClubElsewhereHouse Of YesNational SawdustGood Room(Good RoomはBandcampページからマーチャンダイズを購入することで、従業員の給与や固定費用の支払いを直接サポート可能。)、The Lot RadioZebulonGramaphone RecordsNightlight • プラハのヴェニューAnkaliは、開催日未定のイベントAntivirus Aを計画。「危機が終わり次第」開催するという。プラハ在住以外に人たちにも、(経済的に余裕がある場合は)チケット購入によるサポートを呼びかけている。「(開催日未定の)イベントのチケットを購入していただくことによって、この危機の間、Ankaliのスタッフやローカルアーティストを直接サポートすることができます。」 • ロンドンのクラブThe Causeは、経済的に可能な人々は、特にインディペンデントなプロモーターやヴェニューが中止したギグに返金を求めないよう検討してほしいとステートメントを投稿。「現在、業界は大打撃を受けています。どうか落ち着いた、思慮深い行動をお願いします」とコメントを添えた。「これを乗り切るため、多くのプロモーターにとって、払い戻しよりも延期が唯一のロジカルな選択肢です。£15のチケットの払い戻しはおそらくあなたの生活に影響しませんが、大量に払い戻しが行われると私たちのシーンは死に至ります。」その他にも複数のコミュニティ同様提案をしている。 インディペンデントメディアを支援する • オンラインマガジンCrackの広告収入の大部分はイベントやフェスティバルによるもので、現在そのほとんどがキャンセルされている。同マガジンをサポートする方法はこちらからチェック。 • Attackは、WHOのCOVID-19連帯対応基金へ寄付するためのファンダライザーを立ち上げた。 コミュニティを支援する • ベルリンではaequa, Berlin Strippers’ Collective, DOGMA, Host Aware, Lecken, POLY. Artists, Radiant Love, Room 4 Resistance, TS RaverそしてTUFなど、複数のコレクティブやクイアパーティーが、新たなイニシアチブBerlin Collective Actionを共同で主催。Berlin Collective Action: Nightlife Emergency Fundは、「BIPOC(黒人 / 先住民 / 有色人種)、クイア、トランス、ノンバイナリー、セックスワーカー、非EU圏からの移民、フリーランサー、その他のベルリンのナイトライフで疎外された人たちのための収入源だけではなく、居場所」を支援するためのクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げた。目標額は10万ユーロ。 • アメリカで最も多く感染者が出ている街シアトルでは、アーティストコミュニティをサポートするためのGoFundMeキャンペーンが実施中。目標額は10万ドル。集められた資金は「BIPOCアーティスト、トランスジェンダー、ノンバイナリーのアーティスト、障害のあるアーティスト」に優先的に寄付されるが、「シアトルで支援を必要としているアーティストをできるだけ多く助ける」としている。 • サンフランシスコでは、「この危機が続く限り、ナイトライフ業界の従事者に経済的な安心を与える」ことを目的としたSF Queer Nightlife Fundが立ち上げられた。寄付または支援の方法は、こちらのウェブサイトでチェック。 • イタリアではPolifonicとVIVAという2つのフェスティバルが、プーリアで続く治療活動をサポートするGoFundMeキャンペーンを開始。集められた資金は病院と、高齢者や体の弱い人たちのための自宅治療のために寄付される。 その他の支援方法は: 支援の申し出 / 受け入れ楽曲とマーチャンダイズの購入ヴァーチャルイベントに参加する。 日本周辺のダンスミュージックコミュニティにCOVID-19の影響について話を訊いた特集記事を合わせてチェック。自主隔離をしている方には、その間に見たり、読んだり、聞いたりするコンテンツをこちら(英語版サイト)で紹介している。 この記事はその他のリソースが分かり次第随時更新します。提案のある方は [email protected] (日本語は [email protected])までご連絡ください。 最新のCOVID-19の感染拡大状況は、ジョンズ・ホプキンズ大学によるインタラクティブマップをチェック。