Rainbow Disco Club 2018のRed Bull Music Stageの出演者が発表

  • Published
    Thu, 1 Mar 2018, 09:00
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • Red Bullがキュレートする屋内ステージに、Peanut Butter Wolf、Soichi Terada、DJ Masda、Gonno、Sapphire Slowsらがラインナップ。
  • Rainbow Disco Club 2018のRed Bull Music Stageの出演者が発表 image
  • Rainbow Disco Clubが、2018年の第3弾ラインナップとしてRed Bull Music Stageの出演者を発表した。 Red Bullのキュレートによる屋内ステージは、コラボレーションにフォーカスしたラインナップとなった。まずは、LAの老舗インディーレーベルStones Throwの創設者であるPeanut Butter Wolfと、King Of Diggin’ことDJ Muroの2人が、7インチオンリーのバックトゥバックを披露する。また、現在の日本のハウス/テクノシーンを代表するアーティストの1人であるGonnoと、バンド・森は生きているのドラマーである増村和彦による新ユニットGonno & Masumuraが登場(彼らは間もなくデビューアルバムのリリースを控えているようだ)。RBMA卒業生であるSapphire Slowsは、上海拠点のテクノアーティストMIIIAと共にステージに立つ。また、Cabaret RecordingsのボスDJ Masdaが、Tardis主宰のスイス人DJ Eli Verveineと共演する。ライブアクトとしては、2017年のメインステージで即興ライブを披露したSoichi TeradaKuniyukiSauce81の3人によるユニットが、今年はインドアステージに出演。そして、RBMA卒業生であるHiroaki OBAとレーベルPlanet Sundaeを主宰するAl KassianによるユニットOpal Sunnが2年ぶりに登場する。 Rainbow Disco Club 2018は、4月28日から30日にかけて静岡県の東伊豆クロスカントリーコースにて開催される。メインステージでは、Four TetFloating PointsDJ NobuJoey Andersonがそれぞれバックトゥバックセットをプレイ。その他のラインナップは、追ってお知らせする。 フェスティバルの前売りチケット各種は、現在RAにて販売中。