Calibreのニューアルバム『Grow』がThe Nothing Specialから発表へ

  • Share
  • アイルランドのドラム&ベースプロデューサーが、Craig Richardのレーベルより12月リリース。
  • Calibreのニューアルバム『Grow』がThe Nothing Specialから発表へ image
  • Calibreの新作アルバム『Grow』が、The Nothing Specialより12月にリリースされる。 アイルランド出身のDominick Martinは、長年に渡り数多くの作品を生み出しているドラム&ベースプロデューサー。自身が主宰するSignature Recordsをはじめ、Soul:r、Critical、Samuraiなどからリリースしている。2014年にはCraig RichardsのThe Nothing Specialからハウスサウンドに傾倒したシングルを発表しているが、今回『Grow』をもって、このレーベルに帰還する。本作は、2013年の『The Spill』以降初となる全曲新作のアルバムであり(その間、2枚の『Shelflife』シリーズを発表)、試聴音源から判断するに、様々なスタイルとテンポによる楽曲で構成されている。12曲を収録し、4枚組ヴァイナルでの発売。レコードにはダウンロードコードが付属されるが、デジタルフォーマットでのリリースは12月23日以降となる。 『Grow』は、The Nothing Specialのウェブサイトから試聴可能だ。 Tracklist A Sand Promise B1 Groove Seeker B2 Softly Softly C Thunder Fog D1 Over The Top D2 Limbo E Mention F1 Without You F2 Your Endless Sea G Rust H1 A River Alone H2 Stars We Can See 『Grow』は、The Nothing Specialより2016年12月発売予定。
Are you a promoter?Submit event

© 2021 Resident Advisor Ltd. All rights reserved.