DJ Masdaがアジア・ツアーへ

  • Share
  • Cabaret Recordings主宰が6月より日本3都市、韓国、中国2都市でプレイ。
  • DJ Masdaがアジア・ツアーへ image
  • DJ Masdaが、6月から7月にかけて仙台、東京、浜松、ソウル、広州、深圳を巡るアジア・ツアーを行う。 現在はベルリンを拠点とするMasdaは、Cabaret Recordingsのオーナーの1人であり、DJとしては毎月ヨーロッパ各地でプレイ行う活動ぶりだ。同レーベルはこの4月、9番目となるEvan BaggsKatsuya SanoによるユニットEkboxによるレコードをリリースしている他、先日はベルリンのClub der VisionaereでKatsuya Sano、Evan Baggs、Binhと共にレーベル・ショウケースを開催している。 今回のツアーは日本のみならず、韓国、中国でも公演が決まった。まず6月17日は仙台HI-HATでプレイし、翌18日は東京Contactにて、以前彼がAirにてホストしていたパーティーMiddle of Nowhereが開催され、彼と親交の深いDaniel Bellと共演する。24日は浜松Planet Cafeに出演、そして25日は韓国ソウルへと飛び、近年定評のあるクラブMystikに初出演する。そして中国へと飛び、7月1日に広州市PartyPire WareHouse、2日は深圳市Pepper Clubにてプレイする。