Luke SolomonとJustin HarrisがMusic For Freaksをリローンチ

  • Share
  • UKのハウスレーベルが2009年以来の新作EPを発表、Ricardo VillalobosとTuff City Kidsによるリミックス収録。
  • Luke SolomonとJustin HarrisがMusic For Freaksをリローンチ image
  • Luke SolomonJustin HarrisMusic For Freaksをリローンチし、来月新作EP「Let's Do It Again Part 1」を発表する。 ロンドン拠点のハウスレーベルMusic For Freaksは、1999年から2009年までの間、Rob MelloやKenny Hawkes、そしてSolomonとHarrisによるプロダクションユニットFreaksのレコードをリリースしていた。約8年間休止状態にあった同レーベルが、9月25日に3曲入りEPを発表する。新作には2組のリミキサーを迎えている。まずはRicardo Villalobosが、Freaksの2003年のヒット曲"The Man Who Lived Underground"をリミックス。そしてTuff City Kids(Gerd JansonとPhillip Lauerによるユニット)が、Turnerの "Been Out"を手がけた。更に、Freaksによる"Instrument"の未発表エディットが収録。EPはデジタルとヴァイナルでのリリースとなる。 Tracklist 01. Freaks - The Man Who Lived Underground (Ricardo Villalobos Remix One) 02. Turner - Been Out (Tuff City Kids Vocal Remix) 03. Freaks - Instrument (Unreleased 1999 Edit) 「Let's Do It Again Part 1」は、Music For Freaksより2015年9月25日の発売予定。