Radio SlaveとÂmeがRunning Backのビートコンピレーションに登場

  • Share
  • I:Cube、Disco Nihilistらも参加した「Rhythm Trainx Vol. 1」が登場。
  • Radio SlaveとÂmeがRunning Backのビートコンピレーションに登場 image
  • Gerd Janson主宰のRunning Backが、ビートコンピレーション作品「Rhythm Trainx Vol. 1」をリリースする。 本作には、6人のプロデューサーによる6つのDJツールが収録されている。Radio SlaveI:CubeÂmeDisco Nihilist、Blank Spanner、そしてManuel Turが、それぞれのBPMをタイトルとしたカットを提供した。「Rhythm Trainx Vol. 1」は、Running Backの非公式サブレーベルからの第3弾リリースとなる。同レーベルは、これまえにRedshapeとTodd Osbornがビートにフォーカスした12インチ作品を発表している。 Tracklist A1 Manuel Tur - 121 BPM A2 I:Cube - 109 BPM A3 Blank Spanner - 126.5 BPM B1 Disco Nihilist - 124 BPM B2 Ame - 119 BPM B3 Radio Slave - 122 BPM 「Rhythm Trainx Vol. 1」は、Running Backより近日発売予定。