Orbitalが解散、Paul Hartnollはソロアーティストへ

  • Share
  • UKのデュオが25年間の活動を経て解散へ
  • Orbitalが解散、Paul Hartnollはソロアーティストへ image
  • PaulとPhil HartnollによるプロジェクトOrbitalが終わりを迎えた。 この兄弟デュオは、Orbitalとして1989年よりレコーディングを開始した。彼らは2004年に一度解散しており、2009年に再結成。Paul Hartnollは、Orbitalのウェブサイト上で以下のコメントを発表している。
    私たちの活動は紆余曲折で、上手くいくことばかりではありませんでしたが、Orbitalとして活動した時間は私にとってとても大切なものです。私たちが、ローカルクラブからGlastonburyでのヘッドライン、アメリカやオーストラリア、日本などの大型イベントなど、様々な場所で共に演奏してこれたのは、輝かしい出来事でした。 特に、数年前に再結成した時に皆さんに温かい歓迎の声を頂けたのがとても嬉しかったです。私たちはライブで演奏する為に『Wonky』というアルバムを発表しまし、ここ数年間でそのショウを行ってきましたが、私たちの長い活動期間の中でも1番楽しい時間だったかもしれません。ショウ自体も、オーディエンスの皆さんも、本当に素晴らしかったです。
    また、Paulは新プロジェクト8:58を始動させ、2015年始めにはアルバムをリリースする予定だと明かした。本人は、新プロジェクトについて「過去25年間の活動の延長ではありますが、私をフレッシュな方向に導いてくれる新たな活力と、私がOrbitalで積み上げてきたことを上手く融合していこうと思います」と語っている。一方Philは、DJとしての活動に力を入れていくとのことだ。「私自身のOrbitalのエクスクルーシブリミックスと、新たな世代の素晴らしいダンスフロアトラックをミックスするのがとても楽しいんです。」 Photo credit: Krystof Kalina