LindstrømがTodd RundgrenとEmil Nikolaisenとタッグを組み新作LPを発表

  • Share
  • 『Runddans』は今夏Smalltown Supersoundよりリリース。
  • LindstrømがTodd RundgrenとEmil Nikolaisenとタッグを組み新作LPを発表 image
  • LindstrømがTodd RundgrenとEmil Nikolaisen(Serena-Maneesh)をフィーチャーした最新アルバムが、今年の夏Smalltown Supersoundより発表される。 一見奇妙に思えるこの組み合わせだが、ノルウェー人プロデューサーHans-Peter LindstrømがエキセントリックなロッカーRundgrenとコラボレートするのは今回が初めてではない。Rundgrenは2012年にLindstrømのトラック"Quiet Place To Live"のリミックスを手がけているほか、スペース・ディスコの重要人物にとって子供の頃のヒーローだったのだ。2人は、4AD所属のバンドSerena-ManeeshのメンバーであるNikolaisenを迎え、オスロでスタジオセッションを行った。それぞれのインスピレーションがぶつかり合い、3人はハワイで更なるセッションを行い、結果としてフルアルバムほどの尺がある曲が完成した。プレスリリースによると、40分間にも及ぶトラックでは「個々の音楽性が素晴らしい状態で融合している」という。尚、『Runddans』のリリース後は、夏シーズンにかけてヨーロッパツアーが開催予定となっている。 『Runddans』は、Smalltown Supersoundより2014年夏に発売予定。