Various - #savefabric

  • Share
  • fabricの営業再開についてイズリントン区議会と同意に至ったことで、#savecultureキャンペーンの収益は業界内の意義ある目的のために使われていくことになった。これでfabricは同キャンペーンの収益を訴訟費用に充当しなくてもよくなったとはいえ、『#savefabric』の価値は引き続き変わらない。ここに収められた音楽は、いかなる弁護士にも劣ることなく、fabricの文化的重要性を示す揺るぎない証拠を提示している。 エレクトロニックミュージックのコミュニティから提供された111曲におよぶ未発表トラックを収めた『#savefabric』は、たとえ10時間という時間が与えられたとしても、最初から順に聞いていくようなものではない。収録アーティストがアルファベット順に並べられた本作には、音楽的に一貫した流れがあるわけではない。Fabricliveのドラム&ベースやベースミュージックから、同クラブを代表する土曜日枠のハウスやテクノまで、トラックリストのサウンドは多岐にわたる。 『#savefabric』に対する一番のアプローチは、クラブイベントに対するアプローチと似たものになるだろう。つまり、まずお目当ての人を聞き、そこからどうするかを考えるのだ。これだけ膨大なアーティストが収録されていれば、誰を選ぶかは人によって異なるだろうが、fabricのレジデントはチェックしておいていいだろう。Craig RichardsはHowie BとのプロジェクトA Short Runを再始動して、不穏なトラック"Stasha"を提供。Terry Francisの"The Answer"は弾力性のあるテックハウスだ。Fablicliveの初代レジデントAli Bによる"The Music Saves Me"でのAfrika Baby Bam(The Jungle Brothers)のラップは、同クラブの金曜日は当初、ブレイクスやヒップホップのパーティーだったことを思い出させてくれる。同様に、Dub PhizixやOptical、そして、Calyx & Teebeeは後のドラム&ベース時代を彷彿とさせる。 レジデントをチェックした後は、The Moleによる捻じれファンク、Smagghe & Crossによる"Sam & Jen"の張り詰めたグルーヴ、Mathew Jonsonによるレイヴ全開の熾烈なサウンドなどのハイライトを聞いてみてもいいだろう。一息つきたければ、Vatican Shadow & Telefon Tel Avivによる"Rejoice"を聞くといい。今回のトラックリストからは、Matthew Styles & s:vtの"Machine Life"に駆け巡るTerry Francis的テックハウスや、PinchやSkreamによって追究されたダブステップとテクノの融合など、ファリントンのストリートで育まれてきた数多くの音楽スタイルも再認識できる。fabricは現在も南アフリカのゴム・サウンドの先駆者Dominoweにスポットライトを当てるなどして、新鮮なサウンドを育み続けている。 『#savefabric』の収録曲すべてを気に入る人は稀だろうし、本作は3週間でまとめられたコンピレーションであるため、中には作りかけのように思えるトラックもあるかもしれない。しかし、多くのトラックは各時代のfabricの状況にインスパイアされているように思う。「宇宙の力を乗っ取ろうとしている」と叫ぶ、Masters Of Disastersによる海賊ラジオ放送スタイルのトラック"The Church Of The Many"や、「土地開発者たちが大金稼ぎにやってきた」とラップするMr.Cは本作で最もポリティカルな姿勢をむき出しにしている。おそらく、Slamによる"Government Problem 2"というタイトルやサンプリングネタも偶然ではない。Caspa & Ruskoの"Ravers Tears"、Shackletonの"The Stitch Up"、Sunset Gravesの"Dead City Hymn"というタイトルもfabricの窮状を指しているのだろう。 Route 94による"fabric"やMumdance & Logosの"Return Of The Room 2 Lazer"といったトラックは、名前とサウンドの両面で同クラブのダンスフロアを想起させる。一方、Agoriaの"Tribute"は、fabricの存続が決まった今は非常に嬉々としたサウンドに聞こえてくる。その意味で最も考えさせられるトラックはSpecial Requestの"Requiem"ではないだろうか。Paul Woolfordによるこの名義でおなじみの熱狂的ジャングリズムは影を潜め、代わりに沈痛なアンビエントサウンドが広がっている。ここで思い浮かぶのは、洞窟を思わせるfabricのフロアが無人で静まりかえった光景だ。幸い、そんな光景が長く続くことはなかった。しかしそうでなければ、どれだけ多くのエレクトロニックミュージックが失われていたのだろうか? このトラックにはそんなふうに考えさせられる。
  • Tracklist
      01. _Unsubscribe_ - FFS, R (Loop Mix) 02. μ-Ziq - Bumshit (Vox) 03. 18+ - Holes 04. 2020 Soundsystem - No Order (Ralph Lawson & Rui-Z Remix) 05. A Short Run feat. Howie B & Craig Richards - Stasha 06. Abul Mogard - Patterns Of Our Own Times 07. Addison Groove - Equal Lies 08. Agoria - Tribute 09. Akkord - Scalar Wave 10. Ali B feat. Afrika Baby Bam - The Music Saves Me 11. Appleblim - Fabrication 12. Audion - Fun House 13. Broken English Club - The Gentle Art of Murder 14. Bruce - Cables 15. C.A.R. - Voodoo Moon (Thomas Von Party Cover) 16. Calyx & Teebee - Loose Ends 17. Caspa & Rusko - Ravers Tears 18. Clams Casino - Time 19. Clark - Shadow Banger 20. Coldcut Feat. Roses Gabor - Donald's Wig 21. Cosmin TRG - Dens 22. Curses - A Face In Smoke 23. Dasha Rush - Sweet Monster 24. dBridge - Modern Submission 25. DJ Tennis - Magrelian 26. Dominowe (Gqom Oh!) - Just Dance 27. Dub Phizix - Beatroot 28. Dusk & Blackdown - 110 Not Out (2011) 29. Dusky & Todd Edwards - Holiday In Holloway 30. Enei & Kasra - Basic Instinct 31. Exercise One - All These People 32. Fake Blood - Reflections 33. FiS - DMT Usher VIP 34. Future Beat Alliance - Sleaze Bag 35. Guy Andrews - Procession 36. Hamid - Untitled 02 37. Heartthrob - Scott's Teats 38. House Of Black Lanterns – Lost 39. Howie B - Space Trip 40. Ikonika - Miracle Whip 41. IVVVO & Aïsha Devi - Eros Plexus 42. Jesse Rose - Suck It And See 43. John Tejada - Ucbtron 44. Justin Drake, Lil Mark and Matt Tolfrey - Freedom 45. Kangding Ray - Summerend 46. Kate Simko feat. Amunet Shah - All Heart 47. Kirk Degiorgio - Shadow Of A Solitary Being 48. Kiwi – Throw Down (Latin Freestyle Radio Edit) 49. Kuedo – Bismuth 50. Lakker – Tuc Tuc 51. Laura Jones & Karousel - Find A Way 52. Letherette - Stabz 53. Lucy - The Juggler 54. M.A.N.D.Y. - Berry And North 55. Machinedrum - Stronga 56. Marc Houle - Broken Wing 57. Marquis Hawkes - Redemption Radio 58. Masters Of Disasters - The Church Of The Many 59. Mathew Jonson - Decompression (MJ Ghostforce 12" Remix) 60. Matthew Styles & s:vt - Machine Life 61. Max Cooper, Satirist - Grit 62. Michael Mayer - Auld Lang Synewave 63. Mike Shannon Feat. Dave Aju and the LCC All Stars - Can't Take My Love Away 64. Mr. C - Stand Up (Club Mix) 65. Mr. Jones - Heavy Eyes 66. Mumdance & Logos - Return Of The Room 2 Lazer 67. Nathan Fake - Laluna 68. Neville Watson - Fight On 69. Nightwave – Speakeasy 70. October - Anna's Acid Hour 71. Om Unit - Pop Lockin' Hieroglyphs 72. Optical - Shape The Future VIP 73. Overmono - U-Plastics 74. Paleman - Sore 75. Paula Temple - You Cannot Kill A Soul By Killing The Body (Live At Moogfest) 76. Perc - Foto Real 77. Peter Van Hoesen - Into A Fortification 78. Pinch – Skylines 79. Planetary Assault Systems - Twelve (L.B. Dub Corp Meets PAS Rework) 80. Radioactive Man - Craig's Trousers Flap In The Bass Wind 81. Roger van Lunteren - Hills, I Want You (Gerd Janson Edit) 82. Roman Flügel - Jam The Jam 83. Route 94 - fabric 84. Rrose - Glands 85. Second Storey - The Last Record 86. Shackleton - The Stitch Up 87. Shaun Reeves & Tuccillo - Clouds 88. Sherwood & Pinch - Retribution 89. Shift Work - LA (S.L.O.W.) (Health & Safety Mix) 90. Simian Mobile Disco - Balloon Takes A Holiday 91. Skream - Munk 92. Slam - Government Problem 2 93. Smagghe & Cross - Sam & Jen 94. Snow Ghosts – A Moment 95. Soft As Snow - I Adore (Troy Gunner Remix) 96. South London Ordnance - Arc 97. Special Request - Requiem 98. Stanton Warriors & Cause n Affect - Never Let It Go feat. Janai (VIP Mix) 99. Sunset Graves - Dead City Hymn 100. Tasha - Lost And Found 101. tqd - Vibsing Ting 102. Terry Francis - The Answer 103. The Mole - Glide Down 104. Throwing Snow - One For The Booth 105. Tiefschwarz - Wegekuckuck 106. Tom Demac – Unchained 107. Trevino - Fractured 108. Tuff City Kids - Edlost 109. Untold - This Is How I 110. Vatican Shadow & Telefon Tel Aviv - Rejoice 111. Vex'd - Gravity (2004)