Daniel Avery ‎- Sensation (Rrose Remix) / Clear (Abdulla Rashim Remix)

  • Share
  • Abdulla Rashimによる現時点の最新アルバムで決定的になったのは、彼が強烈な酩酊を引き起こすテクノを引き続き得意としていることだ。彼の音楽は鼓動し、満ち引きを繰り返し、漂流しながら、スモーキーな音色と共にすべてを飲み込んでいく。Rroseの作品の多くも出自が似ている。EAUXを運営する彼が作るドローンと実験的アンビエントは、昨年の『Having Never Written A Note For Percussion』にて極めてコンセプチュアルな局面を迎え、同作では魅惑の音空間と同時に持久力と忍耐が主要なテーマとなった。Daniel Averyの黙想系トリップテクノ「Sensation」(英語サイト)をリミックスした今回の12インチでは、そんなAbdulla RashimとRroseによる完ぺきなカップリングが実現している。 "Sensation"のRroseによるリミックスで前面に打ち出されているのは残響と空間だ。何もない荒涼とした空間に音色がこだまし、亡霊のようにサウンドの面影を残していく。不気味で強力なトラックであり、オリジナルバージョンの機能性を取り除いて、より壊滅的なものになっている。一方、Abdulla Rashimは"Clear"のリミックスでタイプの異なる忘我の空間を提供しており、Averyのオリジナルに比べてこちらの方がはるかに強力だ。オリジナルバージョンでの単調なループが、ここではAbdulla Rashimらしい異世界のネオトライバル・サウンドに置き換えられ、毒ガスのような冷徹なパーカッション上へ送り込まれている。いずれのリミックスも傑出しており、アーティストの個性を問題なく映し出している。
  • Tracklist
      A Sensation (Rrose Remix) B Clear (Abdulla Rashim Remix)