Baby Ford - fabric 85

  • Share
  • 選曲されるトラックと全く同じく、DJセットの流れが重要になることがある。素晴らしいトラックでもかけ方がひどいと、ひどいトラックをかけたときと同じくらい、クラバーの夜は台無しになる。いかがわしい選曲やミックスミスがもたらすぎこちなさは、その場にいる人たちの多くに感じ取られてしまう。そのため、トップレベルのDJたちはそうした失敗をしないようにする術を心得ている。クラブではDJスキル以外の要素も大事になってくるが、ミックスCDではそれほどでもない。すなわちミックスCDはDJの力量を正しく判断できるフォーマットということだ。 DJという行為に対するずば抜けた聴覚を持っている人は滅多にいない。その数がDJで生計を立てている人の数よりもはるかに少ないのは明らかだ。Baby Fordはそうした特別なDJではない。それが最もハッキリと表れているのが『fabric 85』だ。ロンドンに住む彼が参加した今回の長寿ミックスシリーズは、ここ最近の記憶で最も精彩を欠いたオフィシャルミックス作品だ。ワンテイクでライブレコーディングされた本作だが、ぎこちないミックスばかりで、持続しない活性とふざけた選曲をさらに悪化させている。どう見ても、DJとしての能力は彼に備わっていない。 DJという行為にとって高度な技術よりもはるかに大事なことがあるのは明らかだ。違う環境で聞けばこうしたミスの多くはすぐさま忘れ去られることも考えられるが、今回のように著名なプロジェクトだと、不注意に思えてしまう。ZipRhadooRareshPetre Inspirescuなど、Fordと同系統のDJが担当したfabricシリーズでも、即席のやり方でミックスが行われていたが、その流れるような仕上がりと本作はかけ離れている。こんなにも足元がおぼつかないFordを見てしまうと少し困惑してしまう。アイコンとなる傑作ハウスミュージックを彼は制作してきたからだ。しかし、この状況はハウスやテクノシーンに蔓延する、ある傾向を反映している。DJの技術が特別優れているわけでもないのに、人気の熟練プロデューサーたちが、DJとしての地位を得ていることだ。 『fabric 85』の序盤は少し唐突だが十分にスムーズだ。Thomas MelchiorがPerlonから発表したクラシック"Feel Sensual"を含むミニマルメドレーから、1999年のDerrick Carterによる爽快なトラック"Boompty Boomp Theme"へと繋がっていく。しかしその後まもなく、プロのDJとは思えないほど痛々しいミックスにより本作は急降下していく。タイミングはひどく、ミックスもガタガタだ。というのも、Joy Orbisonの"Elipsis"が最初のブレイクを迎える瞬間に、Carterのトラックが引き抜かれるのだが、そこに至るまでのムードは既に大打撃を受けているのだ。Fordが"Elipsis"をパーティーでプレイしようものなら、運が良くてもフロアにいる人たちの眉をひそめさせるか、最悪の場合、一人残らずフロアを一掃するだろう。 中盤にはパーカッシブなハウストラックがフィーチャーされている。どのトラックもいい。しかし、長いブレイクダウンが必要以上に次々と訪れるため、全体のグルーヴが数分ごとに途切れている。Pal Joey "Spend The Night"、Fatdog "Bump"、Doublet "Paradise Village"など、使用トラック自体は魅力的なのだが、DJセットの流れに対する配慮が欠けたFordには唖然としてしまう。後半はいくぶん安定している(といっても、その理由の大部分はAlex Cellerによる重低音トラック"Haz"が丸々8分間プレイされているからだ)。ところが、リリースが予定されているOCH "Time Tourism"のBaby Fordリミックスが本作で最も心地よい瞬間だと分かると、『fabric 85』は駄作だったと感じずにはいられなくなる。 しかし『fabric 85』は時代の象徴だ。今や、ハウスやテクノを作ることで生活していくのは実質不可能だ。それはすなわち、スタジオ制作の方に向いている(そしておそらく、その方が楽しいと感じる)プロデューサーたちがクラブ環境に押し込まれていることを意味している。Baby Fordのようなレジェンドにミックス制作を依頼するのは容易ではない。しかし、彼の心は単純にここには存在しないのだ。もしくは、DJセットに何が必要なのかを彼は知らないのだろう(彼と付き合いのあるアーティストを考えれば、きっと前者の理由だろう)。その理由が何であれ、本作の1時間はBaby Ford作品としてもfabricシリーズとしてもベストとは言えない。
  • Tracklist
      01. Baby Ford & The Ifach Collective - Carpe 02. Nicola Kazimir - Fine Girl 03. Dimbiman - Lava 04. Melchior Productions Ltd. - Feel Sensual 05. Derrick L. Carter - Boompty Boomp Theme 06. Joy Orbison - Ellipsis 07. Jonno & Tommo - Close The Door 08. Pal Joey - Spend The Night 09. Fatdog - Bump 10. Doublet - Paradise Village 11. Julian Alexander - Undrgr 12. Alex Celler - Haz 13. OCH - Time Tourism (Baby Ford Remix) 14. Ion Ludwig - I Don’t Know How To Say 15. Baby Ford - NY015