Seuil ‎- Chocolate Gangsta

  • Share
  • 僕はプレイされているトラックが誰のものかを当てるのは得意ではない。「あ、これはノッティンガムのテックハウスレーベルから1998年に出た○○というトラックだよ。知らなかった?」などと言う友人たちに比べると、DJセットで何のトラックか言い当てられる数がとても少ないため、恥ずかしい思いをしている。しかし、そんな僕にも最近言い当てることができた未発表トラックが1曲だけある。少し前にクラブヒットYouTube映像で流されていたトラックだった。映像はRhadoo、Raresh、Petre InspirescuらRPRクルーがDJを行うたびに投稿されており、昨年の7月にフランクフルトのRobert Johnsonでこの強烈なトラックがプレイされているのを見つけたのだ。それから何週間も僕はそのトラックを聴き続けた。そして、そのトラックが先月、SeuilのEP「Chocolate Gangsta」に収録されているのを見つけた時、その嬉びがどれだけのものだったかお察しできると思う。 トラック名は"Do The Left Thing (Tribute To TM)"、間違い無く本作のハイライトだ。ヘビーな低域、そして、躍動していてパリッとしたサウンドがパーフェクトなミニマルトラックを生み出している。僕にはこのタイトルはこのスタイルのマスターであるThomas Melchiorのことを指しているとしか思えない。Melchiorのベストトラックと同様、シャッフルするパーカッションがシンプルながらも極上の効果を持つローエンドに組み合わされ、パーティーが終了した後、いつまでも覚えていられるようなサウンドになっている。そしてEPを仕上げているのは他の2曲、"Al Capote"と"The Jungle (Frask)"だ。共に爽快なトラックで、多くのDJが殺到するであろう高純度のトラック"Do The Left Thing (Tribute To TM)"に対して、見事な対比を成している。
  • Tracklist
      A1 Al Capote A2 Do The Left Thing (Tribute to TM) B1 The Jungle (Frask)